【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

ロード2歳馬のウェルメイドへ出資決断!ダートで活躍してほしい

ウェルメイドに出資決断

キャロットやシルクと違って2歳馬でもまだまだ出資できるロードサラブレッドオーナーズ、気になる馬を様子見しながら出資出来るのが良いところなのですが、先日一番気になっていた2歳馬ウェルメイドについて出資期限の警報が出ていました。

 

ロードサラブレッドオーナーズ

(たぶん、リンクは消えちゃいますね。)

 

さすがにこれ以上待てないということで、出資申し込みしました。

2歳馬の陣営としては3頭目。既に出資しているロードリライアブル、ロードヴァレンチが順調に入厩してくれているのもあって思い切れたかなと思います。

 

活躍の場はダートを期待

すでに幾度かブログで書いてはいますが、ダイワメジャーキンシャサノキセキ一口馬主にとっては心強い種牡馬だと思っています。

クラシックの距離や条件には合わないかもしれませんが、2歳戦から活躍し、古馬になってからは芝からダートに転向して走ってくれる。また、種付け料が高騰していないので産駒の価格もそこまで高くならない。言い換えれば、外れが少なくて回収率が良いという、楽しむには優秀な種牡馬なのです。

そして、今回出資を決めたウェルメイドはそのキンシャサノキセキ産駒というわけです。出資金額は一口30,000円。うん、リーズナブル。

 

ウェルメイドの母エルテアトロの産駒には同じくロードで募集されてダートで3勝を上げたロードリバーサル(父:ハーツクライ)がいるように、ダートで適性をしめす産駒が多いため、ウェルメイドにもダートでの活躍を期待しています。距離は短めでしょうね。

 

ちなみに、昨年末よりここまで出資をせずに様子見をしていた要因の一つとして、馬体重がありました。ダートで活躍してほしいと思いつつ、馬体がそこまで大きくないのです。

現状、450キロ前後ですから、ダート戦で活躍する牝馬と比較すると決して大きくはありません。それでも良いと思って出資に踏み切ります。牝馬への出資は馬体で悔しい思いもしてるのですが、今回はどうなるか。

今後の一口馬主ライフの試金石にもしたいとも思っています。

 

さて、現金なもので、出資が決まったら気になるのがデビュー戦(笑)

アナウンスの通りであれば、6月下旬には入厩できそうですから、ゲート練習と合格に1か月かかるとすると、デビューは早くても真夏の頃でしょうか。ダートの好条件は少ないですからまずは芝で走ることになるかもしれませんね。

 

芝の中距離のロードリライアブル、ダートの中距離のロードヴァレンチ、そしてダートの短距離のウェルメイド。

夢膨らむ2歳馬陣営となりました。2歳馬への出資は予算的にもこれで打ち止めですが、楽しみです。