【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

ユニオンオーナーズの2歳馬の募集はあと1カ月あまりで〆切り

5月31日で2歳馬の募集が〆切りとなるユニオン

ユニオンの2歳馬の募集の〆切りが迫ってまいりました。およそ、あと1カ月あまりです。

キャロットやシルクの会員の方はキャンセル募集で盛り上がっていて羨ましいですが、こちらもひっそりと炭火焼のように盛り上げってきています。私の中で。

 

今のところ、ユニオンの2歳馬で出資が決まっているのはイルクオーレのみ。リヴァーシャノン(デンファレの2018)をどうしようかなぁと悶々としながら時間を過ごしてまいりました。新種馬のマクフィ産駒で如何にもスピードに優れた血統と注目しています。

 

f:id:hot-river:20200425163508j:plain

©ユニオン

ただ、せっかくなので、注目馬で揚げた馬たちの申し込み状況がどうなっているかも振り返ってみますか。

 

 

振り返り:出資候補5頭はどうなったかな?

元々、予算が少ない零細一口馬主であるワタクシ。予算感から5頭ほどピックアップをしていました。

www.hot-river.net

このブログを書いている夜の時点ですと、

リヴァーシャノン(デンファレの2018) ➡まだ余裕!

シュンガイト(リヴァプールの2018) ➡満口…

リアングロワール(マドレボニータの2018) ➡満口…

ドリアード(ナイアードの2018) ➡あと40口未満。

アレッタレジーナ(クイーンオブナプレスの2018) ➡残口少。

と5頭2頭が満口でした。

 

あー、なるほどなるほど。一人納得です。

シュンガイト(リヴァプールの2018)が父キンシャサノキセキから受け継いるであろう堅実さは超魅力。また、リアングロワール(マドレボニータの2018)はミッキースワローの妹ですからね。ユニオンが胸を張る良血です。

2頭とも満口の理由に納得です。

 

加えて、今振り返ってみると…検討していたのって全て牝馬だったのかぁ。そうかあ。今度は一人首を捻ります。

今年のロードで出資している3頭の未勝利トリオのうち2頭が牝馬であることもあり、ちょっと躊躇してしまうのです。牝馬の体調管理ってホント大変なので。私はただの出資者なので管理するわけじゃないんですけど、やきもきするには十分なのは身に染みて理解しました。

 

ちなみに、リヴァーシャノン(デンファレの2018)は馬体的には心配なさそうではありますが。現状、減少傾向にあっても475kg。牝馬としては立派です。体力面での物足りなさはないというコメントも出ており、安心材料ではあります。

 

いやぁ、でも迷うなあ。

最近お金ないし(切実)

 

まあ、こうやってじっくりと悩めるのがユニオンに入会していることのメリットの1つ。大物は出ないと言われつつ、今年の皐月賞にビターエンダーがエントリーしましたし、一口馬主ブームの盛り上げに一役かっていますしね。

検討は続けたいと思います。

 

※写真の掲載、URL・コメントの一部転載はユニオンオーナーズに許可を頂いております。