【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2021-2022シーズンで気になる馬⇒~サンダーカップの2019~

イスラボニータ産駒が気になる

何度かブログにも書いていますが、今年、産駒がデビューする種牡馬馬の中で一番気になるのはイスラボニータです。

共同通信杯皐月賞を勝った仕上がりの速さ、ダートでも通用しそうなアメリカの力強い血統、古馬マイル路線に転戦してからの対応力、そして引退戦(阪神カップ)を勝つ勝負強さ。

どれもが種牡馬としての幅と堅実さ(重要!)を感じさせる要素だと思っています。

フジキセキの後継種牡馬の筆頭として、惜しまれながら種牡馬引退が見えてきているダイワメジャーにとって変わるような活躍をするのでは…と思う次第です。

残念ながら初年度産駒に出資は叶わなかったのですが、POGで気になる馬は何頭かピックアップしたい。

というわけで、今日のレビューはサンデーカップの2019です。

 

『サンデーカップの2019』(牝馬

馬名:バリオーレ 

父: イスラボニータ

母: サンデーカップ

母父:サンデーガルチ

厩舎:上村洋行

生産者: 社台ファーム

POGで気になるポイント

 7つ離れた半姉にケンタッキーオークス(GⅠ)とアシュランドステークス(GⅠ)を制したラブリーマリアがいる良血馬です。

母サンデーカップは初年度産駒でラブリーマリアを出したようです。初年度産駒の牝馬で大活躍馬ですかあ。たまにありますが、周囲を驚かせるパターンですね。

母サンデーカップは来日してから、本馬を含めて日本では3頭の産駒を産んでいます。受胎して来日し、日本でデビューしたMajesticperfection産駒の半兄ペルクナスも日本で2勝を上げていますね。ペルクナスはラブリーマリアの全弟でもあります。

 

血統を見ると、母父サンデーガルチは日本ではあまりメジャーな血ではないのですが、日本の馬場にも適性があるStorm BirdMr.Prospectorの血を4代目にしっかりと持っています。このMr.Prospectorの血は父イスラボニータの奥にあるMr.Prospectorの血とインブリードクロスを作っています。

ただ、基本的にはアウトブリードに近い配合からは丈夫さを感じさせます。実際、馬体も大きすぎず、小さすぎずで、非常に順調に育成されているようです。

フジキセキ系の種牡馬の特徴として、デピュティミニスター系と配合すると上級ダート馬が出るのですが、その血は無し。

むしろ、芝向きかな、と個人的には思います。それも、短距離ガンガンという見立てではなく、父イスラボニータの晩年と同じようにマイルの芝、特に力がいる中山・阪神、に適性を示すタイプじゃないでしょうか。活躍の舞台が多いPOGでは絶好のねらい目の馬だと思います。1,800メートルだと長い…みたいなもどかしさはあるかもですが。

 

なお、本馬の馬主は社台レースホース

そう、父イスラボニータと同じクラブ募集馬です。偉大な父を追うのにふさわしいプロフィール!わたし、こういうの、好きなんです(笑)

ちなみに、募集価格は父より200万円上乗せの総額2600万円。それも期待の表れかもしれません。