【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

連穴を狙いたいメンバー構成【2021年天皇賞春予想】

狙いたい馬が多い…!

皐月賞から一週明け、天春です。通年で2回しかなくなってしまったステイヤーのGⅠ。その中でも3,200メートルということで、菊花賞よりも200メートル長い舞台になります。

といっても、スタミナ充分のタイプではなく、末脚自慢であったり、中距離路線からの路線変更の馬が多く集うのが近年の傾向です。JRAから冷遇されている上、仕方がないですね。その分、毎年馬券としては非常に面白いレースではあります。

ゴールデンウイークのおうちごはんを贅沢にするために頑張りたいところ。張り切って予想してみます。

本命はアリストテレス

果たしてどんな本命馬を期待してくれた方、ごめんなさい。本命は人気サイドからアリストテレスを指名します。

前走は重馬場を苦手にしていたように見えましたので、参考外。

芝の2400メートル以上の距離は連対率36%超というエピファネイア産駒。菊花賞でコントレイルに迫ったように、既に力は一線級なのは間違いなく、鞍上は天春と抜群に相性がいいルメールジョッキー。逆らう条件が少ない。素直に本命ですね。

 

対抗はオーソリティ

さて対抗。

ここはオーソリティを指名しようと思います。中位人気では激走もあると思っていて、おそらく大外枠でなければもっと人気したのではないでしょうか。

同世代と比べて出世が遅れてはいますが、晩秋のアルゼンチン共和国杯を勝ち、2月のダイヤモンドステークスでも好走しました。スタミナレースにめっぽう強いのはステイゴールドの血を感じさせますよね。

レース展開によっては逆転もあると見ています。

紐はオセアグレイト、ウインマリリン

紐は穴目で2頭指名です。

1頭目はオセアグレイト。こちらも対抗で上げたオーソリティと同じオルフェーヴル産駒で、距離を延長するたびに成績を伸ばしています。JRAの芝レース最長重賞を勝っているのに10番人気前後なら美味しい狙いどころです。

 

2頭目はウインマリリン。こちらは好走しても好走しても人気しない不思議な馬。既にGⅡを2勝しているのに今まで一番人気になったことは一度もないという。

牡馬に活躍馬が偏りがちなスクリーンヒーロー産駒の牝馬ということで、こういう突然変異的な大物は追いかけるのが吉と見ます。

買い方は馬連三連単

さて、買い方です。馬連三連単にしましょうか。

まずは馬連で本命から対抗と紐へ。

アリストテレス

オーソリティ、オセアグレイト、ウインマリリン

これで3点。

 

次に抑えて夢をみる三連単。フォーメーションにして、2着には上位人気馬をならべてみたいと思います。

1着:アリストテレス

2着:ワールドプレミア、カレンブーケドール、ユーキャンスマイル

3着:オーソリティ、オセアグレイト、ウインマリリン

これで…えっと、9通りだから9点ですか。

合計 12点。以上。

 

ディープボンドも気になりますが、阪神大賞典を参考外と言っている以上、あえて嫌ってみました。

三連単は100円ずつ入れて、5万円ついたら嬉しいなあ。