【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

たまには夏競馬の予想でも【2021七夕賞予想】

一年で一番好みの出馬表

今年も七夕賞がやってきました。一年で一番好みの出馬表が公開される日です。

競馬ファンなら誰しも知っていることのため、そんなに勿体つけて言うほどのものでも無いのですが、七夕賞が行われる福島競馬場で開催されるレース名は中々凝っています。

メインレースの七夕賞に合わせて、

9R:織姫賞

10R:天の川ステークス

11R:七夕賞

12R:彦星賞

となっているんですよね。

こういう遊び心が私は結構好きで、普段あまり夏競馬には手を出さないのですが、七夕賞の日だけは毎年JRAにのせられて馬券を買ってしまいます。

仕事の忙しさにかまけて通り過ぎてしまう風物詩を競馬で補っているのが私の日常です。あはは、情けない。

 

『七夕や髪ぬれしまま人に逢ふ』

 

そう詠んだのは俳人の橋本佳代子だったかな。

織姫と彦星は天の川を超えて七夕の夜に会えたでしょうか。

関東は今年も、七夕の夜は雨でした。

せめて曇り空を晴らすような的中をみせたいものです。

本命はロザムール

まずは本命です。三連単平均配当30万円越えの魔窟・福島競馬場で行われる雨の時期のハンデ戦。振り切ってやろうということで、本命はロザムールにしてみます。

おそらく、10番人気前後に落ち着くと思うのですが、先行して持ち味がある馬で、夏が得意の牝馬にも関わらず、ハンデは53キロと恵まれています。得意なコースは急坂のある中山のようですが、内枠を活かしてガンガン行けばそのまま行ってしまうこともあるのでは。

復活の兆しを見せているデムーロジョッキーにも期待です。

対抗はクラージュゲリエ

次に対抗です。なんとなく前に行きたい馬が多い展開が想像されることを考えると、対抗は差し馬が良いですよね。ということで、クラージュゲリエでどうでしょう。

いつも人気するわりに勝ち切れない成績。しかも、福島競馬場とあまり相性が良くないキングカメハメハ産駒ということで嫌われていますが、前走は決して悪くはなかったと思います。札幌や京都で良績もある馬なので期待値は大きい。

ちなみに、吉田隼人ジョッキーは福島競馬場のトップジョッキーです。

 

紐はワーケアとブラックマジック

最後に紐です。人気サイドから2頭ほど選んでみたいと思い、ワーケアとブラックマジックなんてどうかと思っています。

ワーケアも対抗であげたクラージュゲリエのように勝ち切れない馬ですが、昨秋から立て直してきての復帰戦です。素質は全馬の中でもとびぬけていると思うので、アッサリでもおかしくない。

ブラックマジックも同じくここが復帰戦。距離的には少し短いのかな。でも、54キロでエントリーできるのは恵まれています。ハナを譲りながらも、向こう正面からロングスパートで先頭に立つのが理想的な展開でしょうか。

買い方は馬連ボックス

さて、買い方です。3連系にするにはリスクが大きいレースでもあるので、馬連のボックスにしてみようと思います。

 

ロザムール⇔クラージュゲリエ⇔ワーケア⇔ブラックマジック

 

これで6点。以上。

どれも20倍~30倍くらいはオッズがつきそうなので、まるっきりの取り紙にはならなそう。これも荒れる重賞『七夕賞』の魅力ですね。