【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【無観客競馬】は1番人気で決まり(?)…でも、高松宮記念では疑問~高松宮記念予想~

無観客競馬は1番人気が強い(?)

今日は春のGⅠ戦線開幕戦となる高松宮記念を予想してみたいと思うのですが、最初に気になる話から。チラホラ見かけるのですが、それは『無観客競馬は1番人気が強い説』です。これ、本当ですかね?

最初にこの噂を耳にしたのは確か、NEWSポストの記事だったと思います。その次は日刊スポーツ。そして、各種のブログでもチラホラ。無観客競馬も今週で5週目。1か月も経つとデータも集まり始めるようで、それらしいデータをしっかりと載せている記事もあり、興味津々で読んでしまいます。

 

収集したデータをどう使うかを考えるのがその人次第なので、それらのデータについては細かいところは触れないのですが、面白いのは皆さんの考察ですよね。つまり、「何で1番人気の勝率が高いの?」みたいなところです。

 

「観客がいないから、気性がうるさい馬が安定する」

「ジョッキーの精神状態が影響している」

「ネット投票で投票率を上げるためのJRAの陰謀だ」

 

などなど。

「へぇ」もあれば、「ほぅ」もあり、「はぁ?」もある。その発想力、すげえ、すげえよ。

ただ、人気通りでは決まりにくいGI の代表が高松宮記念。1番人気は過去10年で3勝しかしていませんが、無観客競馬でどうなるでしょうか。

楽しんで予想したいと思います。高松宮記念は時に10番人気台の馬も3着に入ってきますから予想は本命と対抗までにして、紐の予想はしません。なんなら全部買う!とかになりがちなので(笑)

 

本命はグランアレグリア

さて、本命からです。短距離戦の前哨戦で目をつけるべきは「着差」だと個人的には思っています。掲示板が0.1秒以内に収まることが多い短距離戦で、0.5秒以上差を付けたら基本的には買いのスタンス。

というわけで、グランアレグリアを本命にしたいと思います。阪神カップでの勝ちっぷりは出色です。牝馬にとって相性が悪くないGⅠであるのも背中を押してくれますね。

対抗は3頭

次に対抗。普段は1頭か2頭ですが、今回は紐を買わないので3頭いきましょう。本命のグランアレグリアは早めに直線で抜け出す形になるでしょうから、同じように足を伸ばしてくるタイプと末脚で届かなそうなタイプを選びたい。

同タイプでダイアトニック。距離に適応力があってよい馬ですね。

末脚タイプでは人気どころでタワーオブロンドン。藤沢厩舎のワンツーなるか。

そして、両タイプを兼ねる存在として、アイラブテーラー。アイラブテーラーはグランアレグリアの外から合わせられる良い枠なので特に要注意だと思います。

買い方は馬連とワイド

最後に買い方です。

まずは馬連。今回はボックスにします。

グランアレグリア⇔ダイアトニック⇔タワーオブロンドン⇔アイラブテーラー

これが6点。

次にワイド。気になるアイラブテーラーから3点流します。

アイラブテーラー⇒グランアレグリア、ダイアトニック、タワーオブロンドン

 

合計9点。以上。

 

いつかこの年の高松宮記念を思い出した時に、コロナよりも高松宮記念の勝者を思い出すような、良いレースになってほしいものです。