【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2022-2023シーズンで気になる馬⇒~スミレの2020~

種牡馬サトノクラウン産駒

種牡馬サトノクラウン。2歳戦から古馬になってからも活躍した馬ではありますが、初年度産駒をPOGで狙うのは難易度が高そうだな、と思っています。

Marjuというちょっと世代ズレを感じさせる欧州血統が現代日本の高速馬場で通用するのか否かがちょっとわからない。

合わせるならスピード血統の牝馬とのカップリング、早熟で早枯れしたタイプのディープインパクト肌馬とかだろうなと思っていた中、母父ダイワメジャーで面白い馬を見つけました。『スミレの2020』です。

『スミレの2020』(牝馬

父: サトノクラウン

母: スミレ

母父:ダイワメジャー

厩舎:不明

生産者:ノーザンファーム

 

POGで気になるポイント

母スミレは現役時代に4勝。勝ち鞍は芝で1勝、ダートで3勝、距離の幅は1200メートルから1500メートルと、短距離路線でならした牝馬でした。いずれの勝利も3歳の晩秋までにあげたもので、やや早熟でしたかね。

 

ちなみに、母スミレにとっての母、本馬にとっての祖母、ラリズは日本の馬場と相性が良いアルゼンチンの活躍馬。

オクレンシア賞(GⅢ)とコンデサ賞(GⅢ)の2つを勝利し、エストレラススプリント大賞典(GⅠ)でも実績があります。母スミレ以外にも香港カップで2着したヒシアグネスなど、着実に日本で産駒実績を積み上げています。

 

本馬は母スミレにとっての初仔、しかも牝馬ということで、少し不安材料があるプロフィールではあるのですが、母スミレが450キロ前後のそこまで小柄な馬でもありませんでしたし、父サトノクラウンをつけたのも馬体のことを考えてでしょうから過度な心配はしないでもよいのでは。

体質面、気性面で悪影響を与えそうな濃い目のインブリードクロスもありません。Norther Dancerのクロス(5*5)だけの5代血統表ではほぼアウトブリードの配合です。

 

・母スミレのやや早熟気味な成績

・母父サンデー系スピード種牡馬ダイワメジャー

・アルゼンチンの高速馬場で活躍した祖母(しかもStormcat系)

サトノクラウンの重さを緩和し、スピードをプラスするプロフィールはバッチリ。

非常に面白そうな一頭に思えます。

 

母スミレは可憐な馬名で人気を博した馬でしたし、ノーザンファーム生産馬として情報が出て来れば指名の強調材料にできるはず。

種牡馬指名ルールがある方、隠し玉でいかがでしょうか。