【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

シルク・ホースクラブの2020年募集馬をチラ見してみる【各金額帯で1頭選ぶなら…その③】

シルクの2020年募集馬チラ見最終回

シルクの募集馬をチラ見してみる更新。3回目の更新の今日が最終回です。今日は一口価格8万円以上の馬達です。

ブログ主が入会したいな~と思っているキャロットだと、一口10万以上の高額馬に申し込めば新規入会は叶うケースが多いですが…シルクは新規枠もあるのでもっと入会しやすかったりするのでしょうか…?

8万円台⇒『グリューネワルトの2019』(牡馬)(父:ルーラーシップ

8万円台は4頭。先日サトノダイヤモンド産駒の半妹が1億円で落札された『サマーハの2019』やブラストワンピースの半妹『ツルマルワンピースの2019』もいますが、個人的には本馬が気になります。

本馬は全姉にディアンドルがおり、JRAで5勝をあげています。ルーラーシップらしからぬ短距離に適性を示す馬で、ちょっと血統的には解釈が難しい馬です。

ただ、私はどうしても母父のスペシャルウィークが気になってしまいます。スペシャルウィーク自身は有力な後継種牡馬を残せませんでしたが、「これから母父に入って良さを発揮しそう」と思って一口馬主としても注視しています。

また、アウトブリード主体の本馬のような配合はいかにも丈夫そうで好きなのです。

預託先は池添学先生。なにかと評価の分かれる先生ではありますが、この馬で厩舎力を証明してほしいですね。

9万円台⇒『プチノワールの2019』(牝馬)(父:ロードカナロア

9万円台も4頭。『ピラミマの2019』が人気しそうですが、「シルク躍進はローブティサージュから」のイメージが強いので、本馬が気になります。

母プチノワールの繫殖成績が優秀(8頭中5頭が勝ち上がり)なのは言わずもがなですが、全姉が4勝をあげているのがやっぱり心強く思えます。狙いはマイルまでに絞れば、ロードカナロア産駒が最も得意とする領域でもありますし、芝中心にレースを使ってくる須貝先生の育成方針にも合いそうです。

早期デビュー組に入れば、当然桜花賞を狙っていくのでは。来年のPOGリストにもピックアップしたくなります。

 

10万円台⇒『ミュージカルロマンスの2019』(牡馬)(父:ハーツクライ

10万円台は12万円と14万円の馬がそれぞれ4頭と2頭。仮にシルクに入会していても私は予算オーバーのために指をくわえて眺めるだけですが、もしお金があればこの馬に一票。

母ミュージカルロマンスは米国を中心に活躍し、GⅠを4勝。エクリプス賞最優秀短距離牝馬にも輝いた名牝です。日本では3頭産駒がおり、そのすべてにディープインパクトが配合。ちなみに、それらの産駒は全て勝ち上がりしています。

今回、初めてハーツクライをつけられたわけですが、米国の短距離血統とハーツクライは非常に相性が良く、ディープインパクトから代わって配合された時に大物が出るケースも多いのはPOG界隈では良く知られています。本馬はまさにそのケースをいくのではないでしょうか。想像ですけど。

預託先は中内田先生。いつのまにか、超人気の先生になりましたね。

マイラーに育てるのか、それともクラシックを狙うのか。

そういう意味でも楽しみです。

20万円台⇒『キューティゴールドの2019』(牡馬)(父:ディープインパクト

20万円台は3頭。全てこの世代が最後のディープインパクト産駒です。総額1億円越え。コストパフォーマンスとか言ってしまうと、中々難しいラインの馬達になりますが、それを上回るロマンがこの金額帯の馬達にはあります。

その中でもショウナンパンドラの全弟である本馬は気になるところ。

ディープインパクト×母父フレンチデピュティは有名なニックス配合で、ディープインパクトの切れに力強さを増したようなサラブレッドを多く送り出してきました。ショウナンパンドラもそうでしたね。クビ差ながら牡馬を抑え込んだジャパンカップの力強い走りを忘れることは出来ません。

また、勝ち上がり率という意味で母キューティゴールドは優秀(8頭中7頭勝ち上がり)なので、ある程度安心して出資できるというもよさそう。

このゴールデンサッシュから始まる牝系は日本で牡馬牝馬を問わず枝葉を伸ばしていますが、そのうちの太い枝となる期待をかけれる一頭だと思います。