【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

混戦を切り裂く駿馬を見つける喜び【2021年皐月賞予想】

久しぶりに混戦の皐月賞

牡馬クラシックの開幕、皐月賞です。ここまで混戦模様の皐月賞はいつぶりでしょうか。

ここ数年、絶対の有力馬がいたり、または、力の差はあまりないものの勝負付けがある程度ついているケースが続いていたと思います。また、種牡馬にしても上位人気にはディープインパクト産駒が必ずいたものです。

それがどうでしょうか。今年はもしかすると単勝10倍を割り込む馬が4頭~5頭は出そうなほどのオッズ状況であり、上位人気馬にはディープインパクト産駒は入ってこなそうです。種牡馬戦国時代の皐月賞らしさがあります。

昨年からウマ娘のおかげ(?)でビギナーの競馬ファンの方も増えていますが、去年のクラシックから馬券を始めた人はさぞ混乱しているのではないでしょうか。あれ、コントレイル的な馬が一頭もいない、みたいな。

 

これぞ、皐月賞らしい皐月賞。個人的にはこういう混戦のクラシックは大好きです。

現役時代をずっと追いかけたくなる馬を探す気持ちで予想したいと思います。

本命はエフフォーリア

まずは本命です。混戦模様と書きましたが、上位人気が全て複勝圏内から消えることも少ないのがクラシック。順当に上位人気馬から選ぶのであれば、エフフォーリアを本命にするのが妥当でしょう。

ポイントとしては、エピファネイア産駒であること。本日昼から夜にかけての関東の雨で馬場が重くなりそうなことから期待してみます。

また、皐月賞は2000メートルの経験が問われそうに見せて、意外と距離延長組が強いものです。スローペースのよーいドンだけではなく、タイトな流れを経験していることが必要です。その意味でも共同通信杯勝ちは価値があると思います。

 

対抗はタイトルホルダー

次に対抗です。ここはちょっと捻って、タイトルホルダーにしてみましょうかと思います。前走の弥生賞勝ちにも関わらず、単勝は15倍くらいつきそうなほど。マグレ勝ちが少ないレースなのに軽視されていますね。ペースを作れる馬ですから期待したいと思います。

ちなみに、前目に付けたい馬が多いと思うので、どこまで我慢が出来るかですが、あえて後ろにつけて早めにまくっていくというレースぶりなんてしたらドッと湧くと思うのですが…どうでしょう。

紐はレッドベルオーブ

最後に対抗です。こちらも人気薄から選んで、レッドベルオーブにしてみます。

出走馬の中では末脚自慢で勝負しに行くタイプで、前走の朝日杯では1番人気に支持されました。NHKマイルに行くか、ダービーに行くかの試金石のレースでしょうが、距離が持たないタイプには思いません。昨年のサリオスのようなレースぶりも期待できると思っています。

買い方は馬連単勝

では、買い方です。

まずは馬連でいきましょうか。本命から対抗と紐に流します。

 

エフフォーリア⇔タイトルホルダー、レッドベルオーブ

 

これで2点。

次は抑えの馬券。今回は対抗と紐の逆転の目もありと読んで、単勝としましょう。エフフォーリアの単勝も3倍つくのはありがたいですが…やめときますか。

 

タイトルホルダー 単勝

レッドベルオーブ 単勝

 

これで2点。

 

合計4点。以上。

かなり割り切っていくので、購入金額は少し増やしたいと思います。

単勝オッズが下がってくるようであらば、エフフォーリアを軸にタイトルホルダーとレッドベルオーブを対抗にして、幅広に流す三連複フォーメーションも面白いかもしれませんね。