【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2022年~23年シーズン~直前特集:ノーザンファーム②~

ドラフトまであと1日~直前特集:ノーザンファーム②~

ドラフトまであと1日となりました。

今日はノーザンファームの注目馬、2回目です。

個人的に、目を引くのはやはりシルクの募集馬ですね。シルクがダービーを制するのは時間の問題かと思っていますが、それがどの馬なのか。一口馬主で持つのは難しいにしても、POGで指名できたらしばらく自慢できるだろうなあ、なんてことを思ったりします。

注目馬①:ロザリンドの2020(牡馬)

種牡馬リアルスティールの初年度産駒の中では大注目の一頭だと思います。半兄は重賞4賞、ジャパンカップ2着の実績をもつオーソリティ。近代の「速い」ステイヤーを体現するような馬で、底が見えない馬ですよね。

母ロザリンドの産駒はこれまで3頭いますが、牡馬はオーソリティを含めていずれも複数勝利をあげており、今回本馬が牡馬に出たのは如何にも良さそう。リアルスティール産駒ではメジャー担ってきそうなMonevassiaを使ったインブリードクロスこそありませんが、祖母シーザリオから偉大な血を引くというのも血統的なポイントです。

牧場の見立てとしてはオーソリティよりは距離はやや短めとか。まさに父が得意とした1,800メートル前後が得意そう。共同通信杯に出てきたら大本命です。

じっくりと進められている組にいるようでので、秋口頃にデビューすると予想。これくらい大物のほうがドラフト上位なら良さそうです。

注目馬②:アルビアーノの2020(牝馬

 

 

今度は牝馬を、ということでこの馬を。

スワンステークス(GⅡ)とフラワーカップ(GⅢ)を勝ったアルビアーノの3番仔です。POG的に心強いのは、(そんな言葉があるのかはわかりませんが、)本馬に漂う連勝気配でしょうか。

アルビアーノも、ドゥラメンテ産駒の半姉アヴェラーレもそうでしたが、POG期間内で連勝をしているという。こういう勢いよくいってくれそうな馬が指名馬にいると、ドラフト後に非常に安心します(笑)

母の適性距離はマイル以下くらいでしたが、ここにきて今年のダービー馬の父親ハーツクライをつけたということで、距離融通は聞くような血統表になりました。馬体も非常に立派らしく、2000メートルくらいまで持てば、展開次第でオークスも狙っていける一頭になるはず。

やや遅生まれのようなので、本馬もじっくりにはなるのかもしれませんが、その分、ドラフト競合は少なく取れそう。おススメです。

注目馬③:トレジャーステイトの2020(牡馬)

 

 

最後は、今年のダイワメジャー応援枠。

母トレジャーテイストは現役時代に3勝。繁殖に上がってから初年度にいきなり毎日杯を勝ったピースオブエイト(父スクリーンヒーロー)を出した注目の繫殖牝馬です。母は馬格をしっかりした仔を出すらしく、本馬に関しても前向きな気性で2歳に向くという見立てをされていました。

流石が仕上がりが早いダイワメジャー産駒です。実際、本馬は既にデビューが本決まりとのこと。林先生は6月からガンガン使っていくイメージはありませんでしたが、それだけ出来が良いということでしょう。

ダイワメジャー×Sander’s Wellsの血は大物も出しますし、3歳戦までは前向きさとスピードで押し切ってしまう馬も多いです。牡馬牝馬の違いはありますが、メジャーエンブレムとかまさにそうでしたね。

即効枠と大物枠を兼ね備えた一頭として後半の指名に最適です。