【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2022年~2023年シーズン~直前特集:社台ファーム~

ドラフトまで、あと4日~直前特集:社台ファーム

本日は社台ファームの生産馬です。今年のGⅠ社台ファームの生産馬の活躍が目立つと思うのは私だけでしょうか?

社台・ノーザンと括られつつも、常に競争をしてるのがあのグループの素晴らしいところと私は勝手に思っています。

ただ、一時期はだいぶ差がついた感がありましたからね。

牝馬二冠のスターズオンアースに敬意を表し、今日は社台RH牝馬に絞ってみます。

本命(狙うはGⅠ):ソラリアの2020(牝馬

母ソラリアは「アルゼンチンの女傑」と言われた名牝で、同国のダービーを制しています。まるでウォッカですね。

来日してからの繁殖成績も優秀で、代表産駒はカレンブーケドールです。なんでGⅠを勝てないのか不思議な馬でした。相手が悪かったとしか言いようが無い。。。

今回、父がディープインパクトからロードカナロアに変わり、体型はややマイル寄り、身体は筋肉質に変わったというのが牧場の弁。姉達とは違い、適正距離が短めになることで、活躍の場を絞りやすくなるのでは、と睨んでいます。

預託先はいまや日本一の牝馬育成を行える国枝先生というのも心強い。

やや緩さもあるようなので、秋頃の登場を待ちたい一頭ですね。

 

対抗(堅実なポイントゲッター):カウアイレーンの2020(牝馬

 

 

次は既にデビュー時期が見えてきているこの馬を。母カウアイレーンは現役時代に5勝。クイーンCの3着がハイライトでしょうが、長い府中を得意とする切れ味の馬でした。

繁殖に入ってからも産駒の勝ち上がり率は高く、代表産駒は個性的な戦績のステイフーリッシュでしょう(ステイゴールド)。

今回、父はジャスタウェイということで、POG的には旬が過ぎた感もありますが、マイルを得意とする牝馬をコンスタンに出す堅実な種牡馬です。

母が得意とした府中で6月に勝利できれば、同左回りの中京2歳ステークスにもエントリーしてくれそうで、スタートダッシュに期待です。

期待(人気薄で重賞勝ち):ソーマジックの2020(牝馬

 

 

人気薄の期待候補に入れてしまうのはちょっと筋違いかもしれません。それだけの良血馬です。

ソーマジック桜花賞を3着。デビューした産駒勝ち上がり率は6/7と堅実な母で、しかも、半姉に愛知杯勝ちのマジックキャッスル(父ディープインパクト)、半兄にチャレンジカップ勝ちのソーヴァリアント(父オルフェーブル)がいます。

今回は先日、ダービー馬を出したハーツクライを父に迎えました。意外にもハーツクライを父に迎えるのは初めての模様。

距離の融通を効かせようとしたのかと思いますが、その狙い通り、バランスが良い走りを見せる一頭になっているようです。長距離で本領発揮のタイプにみえるので、POGとしての期待はフローラステークスからのオークス路線かなと思います。