【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

POG的に狙える2020年の新種牡馬1番手はどれか?

 2020年の新種牡馬

2020年にデビューする新種牡馬の話です。

一口馬主の出資検討では「マクフィ、No1!」というのが私の見立て。ですが、当然ながらもっとネームバリューがある種牡馬が沢山います。

ブログ主はカツカツの小遣いで一口馬主をやっている零細一口馬主なので、大物新種牡馬の初年度産駒ってあまり手を出せないのです。ロードにもユニオンにあまり回ってこないし、出資金額が高くなる傾向にあるし。

ただ、POG的にはそういったことは考えなくてもいい。なんて素敵な世界なのでしょう!

というわけで、「POG的にはどの種牡馬で、どんな産駒を狙うのがいいのだろうと想像してみた」というのが今日のお話です。

種付け数100頭以上の有力新種牡馬から3頭、あげてみます。

 

1位⇒ドゥラメンテ産駒の牡馬

1番手はドゥラメンテで間違いないですね。社台とノーザンのバックアップ体制も強力。

日本の名血を集めたような血統なので、繁殖牝馬は海外の重賞馬(出来れば、軽めの芝向き。南米とか?)がつけられている馬を見つけ出し、指名したい。非力なタイプではないので、北米血統を付けるとダート馬になってしまうかも。A.P.Indy系の繁殖牝馬や母父Stormcatは私だったらPOG的には避けます。

牡牝で言えば、キングカメハメハ産駒の活躍馬が牡馬に偏ることもあり、牡馬にしたほうが無難かな。産駒は2歳~3歳重賞の1つ、2つ、3つ、くらい普通に勝ちそうです。

2位⇒ミッキーアイル産駒の牝馬

マイラー血統に割り切りをすれば、母父ロックオブジブラルタルの粘り強さを体現したミッキーアイルの未来は明るいと思います。マクフィと違い、ミッキーアイル産駒は早熟性や日本馬場にある程度の適性を予想できるのも心強い(それゆえに、産駒は高い)。

POG的には牡馬よりもマイルくらいまでの番組が集中する牝馬がオススメかと思います。先行力があると成績も安定しますし。

桜花賞馬とか出すんじゃないか、くらい期待してます。

3位⇒アジアエクスプレス産駒の牡馬

早期デビューの期待も含めて指名するならアジアエクスプレスでしょう。種付け料も安かったことから幅広い繁殖牝馬に種付けされていますので狙いどころが難しいですが、芝からダート路線に行く可能性も考えるなら牡馬を指名したい。

条件的には前述しましたが、早期デビュー組。

6月デビューがいたら大注目の候補ですね。アジアエクスプレス自身が2歳GⅠを勝っているだけに適性はあると思いますし、新潟2歳⇒京王杯⇒朝日杯とガンガン使ってくれる先生と個人馬主の組み合わせとか、良い気がします。

以上。ちなみに次点はモーリス

以上3頭なのですが、次点はモーリスでしょうか。ただ、個人的にはPOGには向いていない気も…Roberto系だし、母系から成功配合が想像できないし…

 

次回、気が向いたらマイナー新種馬編でトップ3位を書いてみます。