【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

ユニオンオーナーズ2020年度募集馬③【気になる!グローバルソングの2019】

ブラックタイドはダート優良種牡馬

ユニオンの2020年度気になる馬のレビュー。今日はその3頭目です。ユニオンで募集される馬の多くは牝馬なだけに、ダートよりの適性を感じさせる血統の場合は悩ましいところではあるのですが、それでも気になる時はあります。

ダート優良種牡馬であるブラックタイド産駒なんて特に…

『グローバルソングの2019』(牝馬

父: ブラックタイド

母:グローバルソング

母父:ブライアンズタイム

厩舎:新規開業厩舎予定

生産者: 藤原牧場

一口価格:50,000円

 

〇気になるポイント

ここ数年くらいで競馬を始めた方にとって見れば、ブラックタイドがダート優良種牡馬というと、イメージが異なるかもしれません。ディープインパクトの兄であり、代表産駒に名馬キタサンブラックがいますからね。

ただ、ブラックタイド産駒は芝よりもダートのほうが良績を残しているのは有名な話。キタサンブラックもそうでしたが、筋骨隆々でパワーに優れた産駒が生まれるせいかもしれませんね。

それゆえ、血統面で芝よりもダートでの適性がありそうな馬には注目したくなります。例えば、本馬のように母父ブライアンズタイムなんて超注目ですよね、それはもう。

母グローバルソングは未出走ですがデビューした6頭の産駒のうち、4頭がダートで勝ち星をあげているように、非常に堅実で優秀な繁殖牝馬です。サンデーサイレンスを持たないがゆえに選択肢は広かったと思うのですが、父親を選ばないのも素晴らしいですね。

本馬の配合を見ると、Halo to ReasonとNorthern Dancerを母と父からバランスよく引いてきており、非常にバランスが良い。ブラックタイドと相性が悪いと言われるニジンスキーとデピュティミニスターの血もありません。Mr.Prospectorの血を牝系から引いてきているように、元々の配合の狙いは明らかにダートではないでしょうか。

体調面で頓挫することが無ければ、長く楽しめそうな一頭に思えます。牝馬の地方重賞が大目標って感じでしょう。

 

提供価格は5万円。総額1,000万円。なんだか安い。セールに出されたら1.5倍くらいの価格が付きそう。

名門・藤原牧場の思惑はわかりませんが、母が15歳の時の産駒なので、将来牧場に戻すためにユニオンに提供したのかもしれません。そういう意味ではユニオンらしい、のかな。

 

加えて、新規開業のどこに預託されるのかも気になります。四位先生か?四位先生のところなのか?(適当)

 

委託先は今後もチェックしてみたいと思います。