【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

ノルマンディーOCの2次募集の満口馬チラ見

盛況なノルマンディーOC

デアリングタクトで飛ぶ鳥を落とす勢いのノルマンディーオーナーズクラブ。盛況な中、2次募集を実施しているのを昨年末にチラ見させてもらってました。

ジョーカプチーノ産駒が二次募集の先頭でしたからね。良いクラブだなあと思いました。

www.hot-river.net

 その結果が1月19日に出ていたようで、疲れた頭の清涼剤として再びチラ見させて頂きました。

会員ではないので申し込みはしてないのですが、冬は一口馬主にとっても話題が少ないので気になってしまうのです。

 

4頭が満口

二次募集されたのは13頭でしたが、満口になったのは4頭いました。

スフィンクスの19(父マクフィ

ラインレジーナの19(父イスラボニータ

ラブユーの19(父アグネスデジタル

ワイルドシンガーの19(父ミッキーアイル

の4頭です。

 

なんというか、ノルマンディーOCは意外な馬が人気したりするんですね。

ラインレジーナの19(父イスラボニータは父イスラボニータの魅力と調教師の魅力で人気するかなーと思っていましたが、それ以外はへえと思いました。

 

スフィンクスの19(父マクフィは牡馬の中では標準的な価格と半兄の活躍が魅力的だったのでしょうか。マクフィの2歳リーディングサイヤーの結果も申し込みを後押ししたかも。母の父リンカーンってところは渋いです。

 

ラブユーの19(父アグネスデジタルは父のファンの方が「最後のこれが産駒」と思って出資するのかもしれませんね。芝・ダート兼用の種牡馬ではありますが、どちらかと言えばダートの血統馬に思えます。北出厩舎はノーザン系と関わりがそこまで強くなくて印象が地味ではありますが、ダートで悪くないです。

 

ワイルドシンガーの19(父ミッキーアイルは早期デビュー組を狙っての人気かもしれません。写真では冬毛が目立ちますが、ミッキーアイル産駒は仕上がりが早いという今年の実績もあります。母の父ワイルドラッシュということでイメージとしてはダートを想像させます。

ディープインパクトのダート後継種牡馬はまだまだ未知数。ミッキーアイル産駒がそうだとすれば…面白いかも。

 

…なんだか、今年の自分の出資馬と2歳戦でぶつかりそうなプロフィールの馬が多い気がする(笑)

ノルマンディーOCの勢いにのまれないか心配です。