【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

2次募集でジョーカプチーノ産駒を推して来るノルマンディーって良いクラブ

ノルマンディーの2次募集をチラ見

三冠牝馬デアリングタクトを輩出したノルマンディーオーナーズクラブ。今年の1次募集は大人気だぜ、という噂をチラホラ耳にしておりました。

ノルマンディーは相馬眼を必要とされるとは聞きますが、会費は安いし、一口当たりの価格も安いし、沢山レースに使ってくれるし、なによりノーザンF系以外の一口馬主クラブで三冠馬に出資した人がいる。夢の大きさが違います。素晴らしいです。

 

そんなノルマンディーについて、この前2次募集のラインナップが公開されておりました。

会員ではありませんが、ちょっととチラ見をすると…先頭がジョーカプチーノ産駒ときましたか!やっぱり個性的!

 

13頭のラインナップ

2次募集は13頭おりますね。結構多い。ロードもこういうのがあればいいのに。ちょっと羨ましい。

 

牡馬は6頭。先頭は前述したようにジョーカプチーノ産駒の『ゴールデンレコードの2019』ですね。父の産駒自体が貴重ではありますが、48,000円はノルマンディーでは高めの価格帯の部類。芝に強い清水厩舎に預託なので、主戦場は芝でしょうね。マイルだとライバルも多そうですが、自信があるのかもしれません。

サクラバクシンオーの肌馬にイスラボニータを配合した『ラインレジーナの2019』も如何にもスピードタイプで面白そう。林厩舎はそろそろGⅠ制覇もあると密かに思っているので、お買い得価格にも思えます。

 

牝馬は7頭。総額1,000万未満の馬もいますね。400口クラブで2頭出資しても総額5万円を切るというのは中々なものです。とはいえ、さすがに思い入れがないと母の実績的には手は出しづらい馬たちな気もします。

その点、堅実そうな馬が好きな私としてはエイシンピカデリーの2019』は好みです。一口34,000円です。ヘニーヒューズ産駒なだけにダート向きだとは思うのですが、アピール文を読むと、そうとも限らなそうな雰囲気。ノルマンディーはデビューが早いですし、最初は芝でおろしたりして。勝ったら2歳短距離重賞(函館や小倉)にエントリーもしてきそうですね。

 

…実際のところ、どの馬が人気するのでしょうか。ノルマンディーの募集を見たのはほとんど初めてなので、どの馬が人気になるのかはわかりません。

申し込みは1月6日からの模様。覚えておいて、またホームページを覗かせてもらおうと思います。