【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

ロードサラブレッドオーナーズ 2021年募集馬出資検討③ タッチアスの2020(牝)

ロードサラブレッドオーナーズ 2021年募集馬出資検討③

最近は一口馬主ブームの世の中で、それに正比例して一口出資金の平均募集価格があがる傾向にあると思います。零細一口馬主としては中々選ぶ馬が減ってしまって悲しい限りです。

ロードでも今年は底値が上がっているのですが、お得価格のこの馬に注目しています。タッチアスの2020です。

タッチアスの2020(牝)

f:id:hot-river:20211113134256j:plain

父:ヴィクトワールピサ

母:タッチアス

母父:Mineshaft

一口価格:28,000円

預託厩舎:茶木 太樹

誕生日:4月20日

測尺(体重・体高・胸囲・管囲):435、156.0、178、20.2

気になるポイント

 

母タッチアスは現役時代は4戦して未勝利。もともと繁殖の期待を込みで来日していたとみられます。もっとも膨らんだ時でも418キロと小柄な牝馬でしたし、レース向きではなかったのかもしれませんね。

引退後は少し仔出しに苦労した時期もありましたが、ここまで5頭がデビューし、ロードで募集された4頭は無事に勝ち上がり。その中でもロードカナロア産駒であるロードエクレールは3勝をあげています。ヴィクトワールピサを迎えて第6仔を出産し、募集されたのが本馬です。

 

ヴィクトワールピサは去年、トルコに輸出されてしまっため、産駒は非常に貴重。初年度産駒にジュエラーを輩出したのに、牡馬の大物がいなかったのが要因でしょうか。フィリーサイヤーの傾向が顕著でしたからね。アサマノイタズラの活躍がもう1年早ければ。まだまだ需要はあったと思うけどなあ。

 

本馬の血統的には、父ヴィクトワールピサと相性が良いMr.Prospectorの血を引いているのがポイントです。Haloのクロスのバランスも良く、いかにも芝向きの切れ味タイプになりそうに思えます。スカーレットカラーのような馬になってくれるのが理想でしょうか。

 

うん、やはりプロフィール的に28,000円は非常に安いです。

 

母の実績的に金額が抑え目な理由は、開業間もない茶木厩舎であることかなと思っていましたが、あえて付け加えるなら馬体でしょうか。

4月20日という遅生まれであることもありますが、現時点で馬体重435キロはちょっと心もとない感じ。体高も小さめなので、これからムキムキと成長していくのを期待するのは酷かなと思います。

 

デビュー時期を見計らって出資していくかどうかを検討したいと思います。

※写真の掲載、URL・コメントの一部転載はロードサラブレッドオーナーズに許可を頂いております