【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

ロードサラブレッドオーナーズ2021年先行申込結果が届く

ロード2021年先行申込結果

最近忙しくて郵送物のチェックが滞りがちなのですが、先週ロードからの封書が届いていました。中身をあけると、2021年度の先行申込申し込み結果のお知らせが。

そうでした、そうでした。今年は申し込んだ「アルセナーレの20」「スターコレクションの20」は両馬とも抽選対象馬になっており、『果報は寝て待て作戦』で出来るだけ考えないようにしていたから忘れていました。

その結果は…

 

「アルセナーレの20」…当選!

「スターコレクションの20」…当選!

 

申し込んでいた2頭とも、出資が叶うことになりました。

「スターコレクションの20」はそこまで倍率が高くなかったかもしれませんが、「アルセナーレの20」牝馬では一番人気だったはず。

引きが悪いブログ主にしては驚きの結果。今年に入ってからでもトップ5に入る幸運です。嬉しい。

 

今年の1歳馬はロードとインゼル合わせて3頭

さて、今回2頭に出資が叶ったことで、1歳馬のラインナップとしては合計3頭となりました。例年、ダート馬に出資をすることが多かったですが、今年は3頭とも芝優位の馬と見ています。

 

1頭目はインゼルの「ルーシーブライドの20」

イスラボニータ産駒の牡馬ということで、芝のマイラーとして堅実に勝ち上がってくれることを期待します。仕上がりが早い組らしいので、インゼルの初勝利を狙ってくれたらステキです。

 

2頭目はロードの「アルセナーレの20」

今年になって注目のシルバーステート産駒。母はダートでの活躍馬でしたが、芝向きの一頭と読んでいます。馬体が大きいのでデビューはそこまで早くないかもしれませんが、目指せ桜花賞出走と大きいことを言ってみます(笑)

 

3頭目がロードの「スターコレクションの20」

価格爆上がり中のエピファネイア産駒に出資が叶ったという僥倖。適性距離は3頭の中ではもっとも長そうなタイプ。足元に不安がある一族なので、こちらもじっくりデビューでしょうか。ただ、こちらも目指せオークス出走と大きいことを言いたくなります。

 

出資金は3頭で合計10万8,000円。リーズナブルに良い馬達に巡り合えた気がします。毎年の出資予算は13万までと決めていますので、22年デビュー馬はこれで打ち止めの予定です…インゼルで追加募集があったりしたら考えちゃうかもしれませんが(笑)

 

早くデビューが見たい。

そして、それまでに未勝利2歳馬達の勝ち上がりしてもらわねば…!!