【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

ロードサラブレッド2020年募集馬検討その5【No.21からNo.24】

ロードサラブレッド2020年募集馬の第一印象レビュー(その5)

本日の更新内容とあまり関係がないのですが、週末の菊花賞に向けて盛り上がってきましたね。競馬愛好者のみならず、世の中が盛り上がっているのを感じます。

ブログ主はディープインパクトが無敗で3冠馬となった時はまだ競馬をやっていませんでしたが、今年から競馬を始めた競馬ファンは幸せだと思います。ワクワクして仕方がないでしょうね。

京都行けないけど、行きたかったなあ。

 

さて、今日でロードサラブレッドの2020年募集馬レビュー、今日は5回目です。今日からサマーセール購買馬が入ってきます。要注意です。

No.21 サッカーマムの2019

父:キタサンブラック

母父:Kingmambo

誕生日:3/17

厩舎:栗東・杉山 晴紀

そろそろ活力が無くなる…無くなる…と言われながらも17歳の時にロードゴラッソを出してロード会員の度肝を抜いた名牝サッカーマム。今年も元気に産駒が募集です。

キタサンブラック産駒の牡馬。キタサンブラックは、まだ産駒がデビューしてはいませんが、筋骨隆々で評判も上々。芝だけではなく、ダート適性も充分なんて噂を耳にします。母サッカーマムの産駒の傾向からも良い父なのではないでしょうか。

それにしても、19歳の仔で60,000円…厩舎も良いし、よほど自信があるのかな。

古くからの会員の皆様からは人気するかもしれませんね。

 

No.22 アンビータブルの2019

父:ドレフォン

母父:ブライアンズタイム

誕生日:4/24

厩舎:栗東・浅見 秀一

繁用されてから人気が衰えないドレフォン。今年のロードでは本馬一頭が募集となります。母アンビータブルはダートの短距離で2勝。引退してからは毎年仔を生んでいますが、まだ活躍馬・代表馬という馬までは出ていません。ただ、母の引退も早かったので、本馬は10歳の時の仔。そろそろ当り頃に思えます。

預託先の浅見先生は芝・ダート問わずに積極的に競馬を使ってくる先生で、ロードと相性も良い。

今時点ですが、今年の出資有力候補です。

No.23フェイズシフトの2019

父:サトノアラジン

母父:サクラバクシンオー

誕生日:3/12

厩舎:※関西入厩予定

ロード名物サマーセール購買馬は今年6頭いますが、本馬もその内の1頭になります。サトノアラジン産駒かー、ディープインパクトの後継種牡馬に使っていい言葉ではないかもしれませんが…渋いですね。

母フェイズシフトは中央で2勝。近親に目立った活躍馬はいません。中央で活躍している産駒もまだいないですね。

血統的には芝向き中距離向きの血統に見えます。

うーん、父の種牡馬としてのポテンシャルが気になる以外はピンとは来ないのですが、サマーセールで2,400万という高額で落札されていることから出来が非常に良いのかもしれません。馬体に注目です。

No.24フラーティングアウェイの2019

父:Fort Larned

母父:Distorted Humor

誕生日:4/30

厩舎:栗東・安田 隆行

母はアメリカで年度代表馬になったCurlinの半妹で、2018年にキーンランドセールで35万ドルでケイアイファームに落札され、本馬を受胎した状態で来日しています。父Fort Larnedは日本での実績はありませんが、叔父にこれだけの名馬がいれば、必然期待は高まります。

当然、ロードカナロアなどを付けていく来年以降がより注目になるのでしょうが、ダート系に強そうな血統なので今のロードのトレンドには合ってるかも。

ちょっと一口60,000円は高い気もしますけどね。。。