【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

ロードサラブレッド2019年募集馬検討『その8』ナンバー31とナンバー32までの第一印象+第一印象が気になった馬のまとめ

 今日は残りの2頭…の前に預託先公開について

5頭ずつのんびりと更新していたら全7回もかかってしまいました。今日は最後の2頭分の更新と最初に気になった馬のまとめの会。厩舎や金額がわからないうちに、いくらくらいとか予想するのも楽しい…と思っていたらすでにロードが預託先候補を更新するという。スピード感に追い付けていないブログ主であります。

参考:https://www.lord-to.co.jp/top_info1901.html

あくまで予定ということなので、今後変更される可能性も有りということです。が、ほぼないのでは。「無い寄りの有り」というやつですね、きっと。

角居先生の引退に伴って、新規開業予定厩舎もラインナップに入ってくるかと思ったのですが、今年は無し。思ったよりも固く来たなというのが印象ですね。中内田先生と安田隆行先生がエースなのは変わらず。結果を出している杉山先生への預託が多いのは今後の期待の表れでしょうか。パッと見て過去のロード預託馬がイメージできなかったのは美穂の稲垣先生、栗東の長谷川先生かな。時間があるときに調べてみようと思います。

さて、本題。2019年募集馬検討、今日はナンバー31とナンバー32までの第一印象です。

 

ナンバー31: コンフォータブル'18

父:カレンブラックヒル

母: コンフォータブル'18

母父:ザール

短評:ダイワメジャーの後継種牡馬であるカレンブラックヒル。まだまだダイワメジャーがバリバリ現役&それなりにお手頃な種付け料のため、あまり産駒には恵まれていません。アドマイヤマーズが種牡馬入りする前に何とか成功馬を出したいところ。

本馬はそんなカレンブラックヒル産駒。ロードのセールの購買馬です。近親に目立った活躍馬もいませんし、2番仔なので母の繁殖能力も未知数。率直に言うと、なんとも評価をしづらい一頭ですが、仕上がりと完成度の早さを見込んで購買されたのではないかと想像します。父カレンブラックヒルと同じく、2歳戦から楽しめる一頭になるのかな。

一口価格は2万円前後でしょうか。

ナンバー32:ウェーブピアサー'18

父:トゥザワールド

母:ウェーブピアサー'18

母父:ゼンノロブロイ

短評:ラインナップ最後の一頭もセール購買馬。前述のコンフォータブル'18がクロスが少なかった一頭だったことを思うと、本馬はかなり濃いめのクロスをつけています。ここまでクロスを組んでいくと、体質面での不安が出てくるところですが…クロスが濃いとやはり怪我のリスクが高まるのは出資馬ロードクラージュで実感として味わったので。

出資一口の価格は安くなるでしょうが、クラブのコメントがグッと良くなければ、手を出しづらいです。

一口価格は2万円前後でしょうか。

第一印象で気になった馬は?

一通り第一印象を見た結果、(私の勝手な)一口価格予想の範囲の馬で気になるのは、

ナンバー13:リラコサージュ'18

ナンバー20:ヴィーヴル'18

ナンバー23:ルアンジュ'18

ナンバー27:フレンチトウショウ'18

あたりです。例年募集総額が微増しているロードでありますが、500口らしく安い値段で募集されるといいなあ。これは願望ですが。

牡馬、かつ芝とダートに強みがありそうな馬に惹かれるのは過去2年の自分の傾向通り(笑)

芝の大物クラシックを狙う馬は、いつかキャロットに入会を許された際に出資したい。これもただの願望ですが(笑)

これで一次レビューは一旦終了。

今月の後半には一口価格も公開されるでしょうし、即満口はなく見ながら出資出来るのがロードのメリットでもあるのでこれからもじっくり検討していきたいと思います。

 

※写真の掲載、URL・コメントの一部転載はロードサラブレッドオーナーズに許可を頂いております。