【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

今日が出資締め切り:ユニオンとロードの募集馬検討&ロード出資馬近況(5月31日時点)

ユニオンの2歳馬(PEGASASU2017)は5月31日で〆切

ユニオンのHP(https://www.union-oc.co.jp/)でも周知されているところではありますが、2歳馬(PEGASASU2017)は今日をもって締め切られます。今のところ、全42募集馬のうち、9頭が満口になっていました。ちなみに、満口の馬達は

トップブランド

(父ジャスタウェイイチリュウ)

200口 一口90,000円 美穂・伊藤圭厩舎 グランド牧場

ケープブランコ

(父ケープブランコ母ヴェルナッツァ)

100口 一口90,000円 美穂・竹ノ内厩舎 藤沢牧場

ビターエンダー

(父オルフェーヴル母ビタースウィート)

500口 一口92,000円 美穂・相沢厩舎 桜井牧場

キーコーズウエイ

(父スズカコーズウェイ母スプリングマンボ)

200口 一口60,000円 栗東・橋田厩舎 グランド牧場

キルシェンロート

(父ロードカナロア母ルタンデスリーズ)

200口 一口65,000円 栗東・橋口厩舎 嶋田牧場

サービスエース

(父ゴールドシップ母メイクデュース)

100口 一口50,000円 栗東・吉田厩舎 出口牧場

ネージュダムール

(父スウェプトオーヴァーボードパルフェダムール)

200口 一口30,000円 栗東・寺島厩舎 橋本牧

オーヴァーネクサス

(父キズナ母オーヴァーアンダー)

500口 一口80,000円 栗東・松下厩舎 須崎牧場

リアルシング

(父リアルインパクトベルモントピノコ

200口 一口75,000円 栗東・池添厩舎 岡田牧場

 

いやー、すごい。すごいです、何がすごいって、一頭も父親が被っていない。ユニオンがどれだけ多種多様なラインナップをそろえているかを物語っている気がします。金額もかなりマチマチですが、やはり『ユニオン×グランド牧場』のラインは人気をするみたいですね。ラインナップされた2頭の牝馬には馬券的にも要注目かも。

ちなみに、個人的に注目していた

ルーレットエルフ(スウィートエルフ17)とバルセロナ(キャタロニアン17)はまだ満口にはなっていない状況でした。うーん…

 

ユニオン2歳馬への出資は…見送ります。

今週28日にHPで更新された近況も見ながら相当に悩んだのですが、結局今年のユニオン2歳馬への出資は見送ることとしました。

アルーリングハートの2018への出資が決まり、来年のデビュー前に、ユニオンの2歳馬でも一頭愛馬が欲しかったのですが…理由としては比較検討していたロードで募集されている2歳馬フレーヴォにより強くひかれたからです。

(何の参考にもならないかもですが、過去の比較検討の記事はhttps://www.hot-river.net/entry/lord-union-0519

ロード2歳馬フレーヴォ(募集中)を出資第一優先で!

ユニオンが2歳馬の近況を更新した5月28日、くしくも同日にロードの会員用HPでフレーヴォに関する動向が更新されました。

血統

父…ジャスタウェイ

母…レディカーニバル

母の父…Giant's Causeway

参考:https://www.lord-to.co.jp/2018boshuba2.html

近況

・千葉のケイアイファームに移動。

・強めの調教でもへこたれない

牝馬だが、総合力に優れている。

ブログ主コメント

移動が見えているのだろうなと思っていましたが、予定通り千葉ケイアイファームに移動したニュースはうれしいニュースでした。牝馬はゆっくり目のケイアイファームの方針の中、順調さが伺えます。

また、先日、半兄であるロードストライクが見事未勝利を勝ち上がりました。これで母レディカーニバルの産駒は7頭いるうち、JRAで5頭が勝ち上がったことになります。素晴らしい堅実さ、繫殖能力です。現在のケイアイファームで汎用されている繫殖牝馬の中でも、この安定感では五指に入るのではないでしょうか?

零細一口馬主であるブログ主として、長い期間を楽しめるためには何よりも最初の勝ち上がりが重要。ユニオンのルーレットエルフとバルセロナも勝ち上がる要素を強く感じるのですが、その要素を個人的により一層強く感じられるのはフレーヴォ。

というわけで、そんなフレーヴォに出資をすることを決めました。まだ満口ではないので、入厩の警報が出たらすぐに申し込みが出来るよう、口座に資金を入金し、しばらく昼ご飯を素麺にして待ちかまえます。

2歳出資馬の検討はいったんこれでおしまい

昨年の12月くらいから始めた本ブログ。出資馬の検討を徒然と語ることが(一応の)ブログテーマになっていましたが、一旦2歳馬への出資検討はこれでおしまいとしたいと思います。

ただ、季節が巡るのは早いもので6月からはユニオン1歳馬(PEGASASU2018)の詳細情報がユニオンで公開される予定。零細一口馬主ライフを楽しむためにも、明日以降は主にユニオンの1歳馬検討を始めていきたいと思います。

読んでくれている皆さま、お暇なときで結構ですので、よろしく御贔屓に。。。

おまけ:ロード出資馬の近況

ロードグラディオ

5月末近況…ユニコーンステークス(GⅢ)を本線としつつ、同日の自己条件も検討中。既に今年に入って重賞参戦は3回目。出資馬のエース級です。一口馬主DBでロード2016年産の代表馬になっているのが嬉しすぎる。スクリーンショット取りました。

初ダート、期待しちゃいます。

ロードアクア

5月末近況…栗東の浅見厩舎に入厩しました。骨折から長かったです。中間に少し患部が熱を持ったのにはヒヤリとしましたが…おそらく、1,400メートル前後で復帰戦を模索していくのでは。浅見厩舎は遠征も積極的なので、ぜひ良い条件のレースで復帰してほしいです。

ロードクラージュ

5月末近況…6月8日(土)に阪神1,200メートルでデビューします。調教時計は客観的に見ても2歳馬にしてはよい時計なのですが、陣営のコメントは慎重です。気性面が幼い、あるいは短距離馬のそれなのかもしれないですね。不安と期待が入り混じります。

メリディアン

5月末近況…まだ北海道で調整中ですね。夏を向こうで超すことになるでしょうか。順調は順調なのですが、出資時に言われていたうるささや自己主張が減ってきているように感じられます。それはいいのか悪いのか。やきもきやきもき。

 

※写真の掲載、URL・コメントの一部転載はユニオン・オーナーズに許可を頂いております。
※写真の掲載、URL・コメントの一部転載は株式会社ロードサラブレッドオーナーズに許可を頂いております。