【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

私的、競馬小ネタニュース2021年5月版【ロードクエスト・横山武史・物故馬・ハーツクライ】

競馬小ネタニュース2021年5月版

5月になりました。ゴールデンウイーク突入です。私もカレンダー通りお休みを頂けることになりました。

といっても、首都圏に住んでいる身としてあまり外出をするのが憚られる状況には変わりません。コロナ、憎し。

毎年、この時期に春のNHKマイルに行くのが楽しみになのですが、叶いそうにありません。ワクチンが行きわたりはじめた欧米では段々と日常が戻ってきているというニュースも耳にしますが、早くそんな日が来てほしい。秋のGⅠシリーズには、競馬場に行きたいなあ。

さて、本題というわけもなく、本題。

今日は競馬小ネタニュースの5月版です。

ゴールデンウイークで暇で仕方ない方、ゆるりとどうぞ。

 

ロードクエストの地方移籍

正確には先々月のニュースになってしまうのですが、ロードTOの看板馬であるロードクエストが中央登録を抹消しました。地方に転籍する予定です。

www.jra.go.jp

通算成績は41戦で4勝ながら、そのうち新潟2歳ステークス(GⅢ)、京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ)、毎日放送スワンステークス(GⅡ)と重賞を3勝を上げている成績が光ります。出資者にとってはウハウハの一頭だったことでしょう。

最近こそ、ロードはダート路線での重賞馬こそ出ていますが、一時期はロードクエストしか看板馬がいない時代もありました。ロードクエストの残した功績は大きい。

お疲れ様でした。

横山武史のインタビューがキラキラ

先日、若干22歳でGⅠジョッキーとなった横山武史ジョッキー。馬券的にもエフフォーリアを本命にしていた身としては拍手喝采です。

で、そのインタビューを見たのですが…キラキラ!(笑)

もう素直な好青年過ぎてまぶしすぎる。

www.youtube.com

気が早いですが、もしダービーを勝ったらどうなってしまうのか。

テレビの光度をさげようかしら。

 

ハーツクライ種牡馬引退

正式なリリースはされていないのですが、ハーツクライ種牡馬の一線から退いたのではないか、という話があります。たしかに、ジェネシスがリリースしている「2021年シーズン ジェイエス・ノミネーション情報」に名前がないのです。

○参考

http://122.28.38.178/nomination/a4.php

同じくPrivateであったダイワメジャーは掲載されていることを見ると、信憑性がある話に思えます。

ディープインパクトキングカメハメハが覇権を争う中、常に3位と4位をダイワメジャーと分け合っていたハーツクライ。頂には至らなかったとはいえ、後継種牡馬にも恵まれている名種牡馬でした。

後継で一番頑張ってほしいのは…スワーヴリチャードかな。期待してます。

物故馬の法要

JRAが2019年から2020年にレース中の事故等で死亡した物故馬の法要を行ったというニュースを見ました。計219頭です。

news.netkeiba.com

 

そうだったなあ、シャケトラに、タンタアレグリア、シングンマイケル、ブラックスピネルも…

 

1頭1頭のーレスぶりに多くを語りたいですが、ここは語らず。合掌。

どうぞやすらかに。