【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2021-2022シーズンで気になる馬⇒~ジュモーの2019~

注目調教師枠的な一頭

この前は種牡馬応援枠的な話をしましたが、今日は調教師注目枠的な一頭です。

ブログ主はロードとユニオンで一口馬主をしています。一口クラブには当然ながら繋がりが深い調教師というのがいるもので、毎年数頭預託されるようなロード&ユニオンお馴染の先生もいれば、あまり預託先として縁がない先生が出てくるわけです。

 

特にノーザンファームと関係性が深い先生の場合はそれが顕著で、気になっている調教師がいても、中々預託馬に出資するチャンスは訪れません。

だったら、POGでピックアップということで、私が今年~来年あたりにGⅠを取ると思っている西村調教師の預託馬から、ジュモーの2019です。 

 

『ジュモーの2019』(牡馬)

馬名:フォアランナー

父: ハービンジャー

母: ジュモー

母父:タニノギムレット

厩舎:西村真幸

生産者:ノーザンファーム

POGで気になるポイント

預託先である西村先生は北海道の生まれではありますが、実家が牧場というわけはなかったようです。しかし、幼い頃からサラブレッドに魅せられたようで、若いうちから競馬の世界へ。

JRA競馬学校競馬学校を2002年に卒業した後、2013年に調教師試験に合格して2015年に開業をしています。

そこからの活躍は目覚ましく、開業5年目には100勝を達成。初年度から9勝をあげるだけでもすごいのですが、

2016年:20勝

2017年:29勝

2018年:20勝

2019年:41勝

2020年:38勝

と勢い止まらず、ブレイクしっぱなしという感じすらあります。

その要因の一つとして挙げられるのが、競馬学校に入学する前の西村先生のキャリアの中ある『ノーザンファーム勤務』という聞き逃せないキーワードです。

 

自厩舎の看板馬であるタイセイビジョンがノーザンファーム生産馬であることからもわかりますが、非常にノーザンファームと結びつきが強い厩舎なのです。

また、開業初年度からサンデー、シルク、キャロットと沢山の馬を預託されています。

まだ20馬房しか持たない中、ノーザンファームが作り上げた外厩システムを最大限にうまく活用しているのでしょう。

今年も4カ月が終わって12勝と年間40勝弱のペースで勝ち星を重ねていますし、おそらく今年~来年あたりGⅠを制覇すると個人的には思うのです。

 

というわけで、ようやく『ジュモーの2019』のお話。全兄には京成杯を制したプロフィットがおり、キングカメハメハ産駒の半兄にも京都2歳ステークスを勝ったクラージュゲリエがいる良血馬です。

母ジュモーは『サンデーサイレンス×Nureyev』というハービンジャーとニックス関係にある血を持っており、非常に好印象です。如何にもクラシックディスタンスで力を発揮しそうな血統だよなあ。

 

それに加えて、ハービンジャー産駒は産駒の傾向がはっきりと芝に偏る種牡馬なのですが、その傾向は西村先生の勝ち鞍の傾向とも一致するのもプラス。2歳戦から積極的に使っていく先生ですので、早ければ夏ごろにはデビューすると予想します。

 

ズバリ狙いとしては、高速馬場になりがちなダービーよりもちょっと芝が重くなった皐月賞。意外にもクラシックは未勝利のハービンジャー産駒の中では、来年のクラシック路線の本命と言っても良いのではないでしょうか。

 

POG的には中位以下で一本釣り指名が理想的ですね。