【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

出資馬に求めるものは何だろう?募集馬検討の前に一口馬主ライフを考えてみる

一口馬主を始めて1年経ち、思うところ

2歳馬に対する出資判断もひと段落し、これからは本格化する1歳馬の募集を前にふと頭をよぎったことがありました。

ブログ主が出資馬に求めるものは何であろう、ということ。

ロードに入会したのがちょうど1年前くらい。人生で初めて出資した2頭が2頭とも勝ち上がってくれていて、しかもその内の1頭がGⅠにも出走してくれたのは出来過ぎです。ブログ主の見る目がどうこうというよりも、これが『ビギナーズラック』というやつだろうな、というのが正直な感想。

一口馬主を始めたことでより競馬という趣味を深堀もできましたし、こうやってブログもやってみようと思えました。おかげさまで、一遍の後悔もありません。

このハッピーな一口馬主ライフを続けるために、何を大切にするのか?

趣味の世界の話なので、人それぞれに答えはあるのかと思うのですが、ブログ主はやはり出資した愛馬と長く関わりたい。そう思います。

 

長く関わることが出来る≒勝ち上がってくれる

ビギナーズラックのおかげで出資馬が今のところ勝ち上がってくれている現状ではありますが、運というのはいつか切れるものでもあります。残念ながら。

サラブレッドの悲しい運命ではありますが、勝ち上がりが出来ない競走馬は引退を余儀なくされ、一口馬主とは結局は株主のようなものなので、引退した馬達と関わることは基本的には出来なくなってしまいます。

やはり、出資馬に求めるのは何よりも確実に勝ち上がってくれること。それを大切にしたいですね。欲を言えば、降級制度が無くなる点も踏まえ、早く上級条件に出世できる見込みがある馬を選びたい。現役が長くなりますもんね。

募集馬を見ていく観点としては、具体的には下記3つくらいでしょうか。

血統背景、クラブの見立て、調教師の強みが一致するか?

素人ながらも血統表を見ながら適性を想像した時、それがクラブの見立てと一致し、調教師の強みとも合致している馬は勝率も高いと想像します。

偉そうに書いていますが、例えば、安田隆厩舎ならやはり短距離馬が預託されていてほしい。藤沢厩舎なら芝に適性がある血統とクラブも考えていてほしい。ゴールドアリュール産駒ならクラブもまずダートに適性があると見立てている馬であってほしい。そんなところです。

出資金額は予算内か?

これは考えざるを得ないところで…(涙)

毎年3頭から4頭出資をしたいと考えていますが、出資に割ける予算は20万円/年くらいが現実的。となると、1頭当たりの最大予算は一口7万円前後になり、その結果によって頭数が決まりそう。出来れば一口5万円以下の募集馬も陣営に積極的に加えたいです。通年予算が増えてもそのお金は頭数を増やすために使いたいですね。

よって、同じ期待値なら安い馬に。それがブログ主の原則です(笑)

母の出産年齢、性別、馬体の懸念点、はたまたプラスポイントは?

牝馬のダート路線、高齢繫殖牝馬の産駒、馬体重が軽すぎる牡馬、そういった懸念がないのか。もちろん、サンビスタキズナドリームジャーニーなど常識を覆す馬がいることは承知の上で、ブログ主が考える限りの懸念の有無はチェックしたいと思います。

逆に、空胎明けの牝馬、ロベルト系の牡馬、管囲が太いダート血統、などプラスポイントも積極的にピックアップしたい。

 

…うん、読み返しても、自分の中で整理が出来ました。

さらなる一口馬主ライフの充実を目指して

というわけで、上記のような観点を重視し、6月はユニオン募集馬(PEGASASU2018)の検討を中心にブログを更新していきたいと思います。一人でワクワクしてます。

※もしかすると、検討の量が少なくなってしまう募集馬もいるやもしれませんが、それは「ブログ主の観点で見た場合」という偏見バイアスがかかっていますので悪しからず…