【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

インゼルの初年度募集馬の競走馬名が決定(和名の名前がある!)

インゼルの初年度募集馬の競走馬名

3月4日、昨年入会したインゼルより初年度募集馬の競走馬名が決まったと周知がありました。

会員向けには「3択で選んでね」という投票もあったりしましたが、やっぱり募集馬の名前が決まると「いよいよ!」という感が出てまいります。どの子がダービー馬で、オークス馬だろう、なんて欲目がグングン加速していきます。

 

参考)インゼル公式ホームページより

inseltc.com

 

冠名の縛りも無く、18頭ながら非常にバラエティ豊かな命名ラインナップになりました。

ブログ主が出資している『ルーシーブライドの2020』の名前は『シャーンゴッセ』になりました。

名前の由来は母馬ルーシーブライドからの連想で、ルシア祭で女の子と一緒に行列を歩く星の少年だろうで。

由来もしっかりしていておしゃれだな、おい。

いいですね~

飛びぬけてカッコいい馬名

 

 

なお、今回、インゼルで直接出資しているのは『シャーンゴッセ』ですが、インゼルファンファンド2021にも出資をしているため、15頭の500口馬達の名前は由来も含めてしっかりと見たのですが、個人的に飛び抜けてカッコいい馬名がありました。

ずばり、『ユイフィーユの2020』です。

その名前は、ミカヅキです。

和名来た!!カッコいい。

ちなみに、名前の由来は「額の三日月模様より」となっています。

そうきたかっ!!センス抜群だな、おい。

 

ロードで馬名募集をされる度に和名の名前を投稿している身としては驚きました。競走馬の容姿から想像するという手があったか、と。母馬も父馬も外国語の馬がほとんどなので、父名は母名からの連想だと難しいのですよね。

 

インゼルは海外の出走を積極的に行っていくクラブになると思っているのですが、和名の競走馬が海外の重賞を走るかもしれないと想像すると、少しだけ心が躍ります。

 

ミカヅキって馬は強いな、どんな意味なんだ?」って聞かれて、

「Crescent Moon(クレセント・ムーン)だよ」って答えてみたい。

 

三日月の国旗を持つトルコの重賞に殴り込んだりしたらこれまたドラマ。

インゼルファンファンドでは、シャーンゴッセと同じくらい、ミカヅキを贔屓にします。