【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

DMMの2021年度募集馬が気になる件①ラブリーベルナデット2020

DMMの2021年募集馬が気になる①

バイヤー系クラブであるDMMの募集馬、気になっています。

もともとは超小口クラブという特色がありましたが、去年から2,000口のクラブに路線変更。出資口数毎に月額会費が定まるという特徴もあり、入りやすいし、抜けやすい気軽さがポイントです。また勝ち上がり率も中々良い。

また、去年は超破格のキャッシュバックキャンペーンもあったりしましたし、新規会員獲得に積極的。まだ歴史が浅いクラブなので、例えばノーザンファームの良血系募集馬でもキャロットやシルクほど抽選倍率でもありません。

今年もキャンペーンを実施するようなことがあれば、本格的に入会検討をしたく、その下準備として気になる馬はチェックしておきたい。

まずはラブリーベルナデット2020です。

ラブリーベルナデット2020(牝馬

父:キズナ

母:ラブリーベルナデット

母父:Wilburn

生産:社台ファーム

厩舎:美穂 予定

○気になるポイント

DMMでも人気する募集馬は当然ながらノーザンファーム生産馬なのですが、社台ファーム生産の本馬がまず気になりました。

父はポスト・ディープインパクトの一番手であるキズナ。産駒は牡牝に偏らずに活躍し、重賞など大舞台では人気薄で好走することも多いという意外性もあります。これからますます種付料が上がっていくと想像すると、零細一口馬主のブログ主としては今がギリギリ手が出せる頃かと思います。

 

 

本馬の母ラブリーベルナデットは北米で重賞3勝を含む計8勝をあげ、勝った重賞3つは芝の8.5ハロン戦でした。芝で通用するスピードはAP.Indy系の父Wilburnよりも、母ラブリーベルナデットにとっての母父Bernstein~Storm Catのほうから補強されていたのかもしれません。

そして、この母ラブリーベルナテッドが持つStorm Catの血がキズナと配合されたことで、本馬はStorm Catの3*4という如何にもスピードモリモリな血統馬になるというのは注目ポイントです。

 

しかしながら、ダート短距離一辺倒のタイプにはならなそう。母と父の活躍距離から想像すると適性距離はマイル以上。2000メートルくらいまでこなすことが出来ても驚きません。管囲も19.5センチと標準的な芝馬としては標準的な範囲かと思いますし、芝のマイル~中距離路線という、JRA牝馬が一番活躍しやすい舞台が主戦場になりそうです。

 

むしろ、気にするとすれば、初仔の牝馬ということでしょうか。しかしながら、そこは雄大な馬体を持つ父キズナの産駒。2月生まれということもあって既に体重は460キロ超あるので過度な心配はいらないであろうというのが個人的な所感です。

 

名門厩舎になれば2,000口とはいえ、それなりなお値段にもなりそうでしょうが、、、はたして。