【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】ディープインパクトのラストクロップから大物なるか

ディープインパクトのラストクロップ

ディープインパクトがこの世を去ってから1年半と少し。種付けを行っていたわずかな産駒の中、日本で血統登録された6頭についてのニュースリリースが活発になってきました。

今日もスポーツ報知が記事にしていました。POGが好きな人なら誰もが知っている山本記者の記事です。

 

hochi.news

 

ブログ主はPOGをキッカケに一口馬主をはじめたようなものなので、年明けから春先にかけては沢山POGの話題を書いていますが、そこまでグリグリな馬ばかりではなく、あまり人気が無そうな馬もピックアップしている気がします。クラシック路線一直線よりも、早くデビューしてくれるポイントゲッターを指名するのが好きだったりしますし。

 

ただ、この6頭は特別ですね。どうしても注目したくなる。誰もがどうしたってドラマを期待したくなる。

 

コテコテの良血ばかり

上記のスポーツ報知の記事のように、ドラマという意味ではスイープトウショウの2020(馬名:スイープアワーズが一番なのでしょうね。

全兄の成績だって悪くありません。血統的にLyphardインブリードクロスを見ると、牝馬だったほうが良かったような気もしますが。ディープインパクト肌馬として産まれていたらと思うと、ちょっと惜しい。

 

日本で登録されたうちでは、イルミナントの2020もいいですね。母はアメリカで活躍し、ゲイムリーステークス(GⅠ)を制しています。初仔の牝馬だからコンパクトなのかもしれませんが、ディープインパクトの成功配合をなぞるようなカップリングが好印象です。

同じく社台レースホースで募集されているフォルトの2020桜花賞で叩きあいとかになったりして。

 

どの馬もPOGで指名するなら上位指名以外は無いのでしょうが、6人くらいの仲良いサークルだったら「ラストディープを一頭ずつ抽選でいれる」なんて特別ルールをつくっても面白いかもですね。

誰も損が無さそうなクジ引きですから(笑)