【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

キャロット2021年募集馬レビューその⑦『メジロシャレードの20』

キャロット2021年募集馬レビューその⑦

キャロットの2021年募集馬のレビュー、今日はその⑦『メジロシャレードの20』です。

ノーザンファームは海外からの繫殖牝馬の導入にも力を入れていますが、日本在来血統の繫殖牝馬の掘り起こしにも余年がありません。祖母に偉大なメジロの血を持つこの馬は人気しそうですね。

○概要

募集馬名:メジロシャレードの20』

父:ドレフォン

母:メジロシャレード

母父:マンハッタンカフェ

一口価格:65,000円

預託厩舎:美穂

○コメント・所感

メジロシャドールは現役時代に新馬戦で3着。2歳未勝利戦を1番人気で勝利した後、さあこれからというところで長期の休養。そのまま引退をしています。かなり大事にされていたようですが、それも当然でしょう。なんといっても、母メジロシャドールの母はGⅠ5勝馬の名牝メジロドーベルですから。繫殖としての期待をされて当然です。

 

その期待にこたえるかのように、母メジロシャドールは初年度産駒にいきなり青葉賞を勝ったショウナンラグーン(父シンボリクリスエス)を送り出します。その後も、4勝馬のヴァントシルム(父マンハッタンカフェ)、2勝馬のルトロヴァイユ(父エピファネイア)も産む等、安定した繫殖成績を残しています。

一方、空胎の年も多い模様で、本馬も1年の空胎開け。相手に迎えたのはドレフォンです。

 

 

今年産駒がデビューしている父ドレフォンの勢いはここであえて述べるまでもありませんが、順調そのもの。仕上がりが早いのはStorm Cat直系らしさ。産駒は短距離だけではなく、幅広い活躍を見せています。

 

5代血統表にインブリードクロスが発生しない完全なアウトブリード配合なのは、バリバリのアメリカ血統ドレフォンと日本在来血統のメジロシャドールが配合されたから当然と言えば当然。母が若干とは言え、高齢出産の域に入ってきていることを思えば、健康的なアウトブリード配合はプラス材料と捉えていいはずです。

 

ただ、芝・ダートの適性や適性距離はなんとも…読みづらい。

メジロシャドールは現役時代はあまり参考になりませんし、また、父ドレフォンと母父マンハッタンカフェのキャラクターもかなり違います。

マンハッタンカフェはどちらかと言えばフィリーサイヤーの傾向があるステイヤー気質の芝種牡馬でしたから、男らしい武骨なダート短距離種牡馬のドレフォンとは真逆です。

クラブ側の見立てと預託先が非常に気になります。

キャロットは外厩と連携した一戦必勝の使い方が主にはなると思いますが、色々使いながら適性を探ってくれる先生に預託されるとさらに明るい未来が開けてきそう。どの厩舎だろうな…