【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

キャロット2021年募集馬レビューその②『ウィープノーモアの20』

キャロット2021年募集馬レビューその②

キャロットの2021年募集馬のレビュー、今日はその②ということで、『ウィープノーモアの20』です。Quality Roadの産駒です。

海外種牡馬の産駒は日本の馬場への適性が見えにくい上に、内国産種牡馬の全盛の時代でもあるので、新規入会の会員にも出資のチャンスが比較的あるのではないか、、と期待してしまいます。

いや、甘いかもしれません。

○概要

募集馬名:『ウィープノーモアの20』

父:Quality Road

母:ウィープノーモア

母父:Mineshaft

一口価格:75,000円

預託厩舎:美穂

○コメント・所感

母ウィープノーモアはアメリカで繁栄するA.P.Indyの直仔Mineshaftの産駒で、現役時代にキーンランド競馬場で行われたアッシュランドステークス(GⅠ)を勝利。未勝利戦を勝利してから3連勝の勝利でした。

ちなみに、レースの映像は必見です。ダートでは中々見ない追い込みが見れます。実況が「ウィープノーモア!!」と絶叫しています。

なお、GⅠ勝利後、GⅠ含む重賞に6回出走するものの、勝利は出来ずに引退し、Quality Roadの子を受胎して来日しています。

 

父Quality Roadは北米でGⅠを5勝。種牡馬に入った当初はそこまで期待をされていませんでしたが、GⅠ馬を何頭も輩出し、勝ち上がり率も高いことからその評価は爆上がり中で、今では種付け料20万ドルに達する人気種牡馬になってます。

この2頭の組み合わせ。当然ダートの強者を期待したくなりますね~

 

 

5代血統表の中では5つのインブリードクロスが発生しており、ちょっと攻めた配合。ダート巧者として見るのであれば、Seattle Slewの4*4は魅力的。

距離は短めよりもマイル以上、特に府中のダートコースに適性も見せそうに思えます。芝でおろすのもありでしょうが、こなせなくもないというレースをするくらいなら最初からダートでみたいタイプですね。

 

惜しいのは、言っても仕方ないとはいえ、牝馬ということですか。トントン拍子で出世したとしても、活躍の場が限られてしまいそう。

でも、もし牡馬であれば一口価格75,000円では収まらなかったことは確実。お買い得か。

 

かなり気は早いですが、繁殖に上がったらキズナなどを付けたくなる血統馬。キャロットの楽しみの一つ「Our Blood」を味わう意味でも良い馬です。