【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

キャロット2021年募集馬レビューその⑳『カニョットの20』

キャロット2021年募集馬レビューその⑳

キャロットの2021年募集馬のレビュー、今日はその⑳『カニョットの20』です。

一応、今日でレビューは最終回になる予定です。

気が付けば、早いものでレビュー頭数は20頭。なんとか来週頭に向けた検討に間に合いそうでなにより。連続投稿した自分のレビューを見返しつつ、申し込み馬を選んでみたいと思います。

新規入会の場合、申し込み書に書けるのは原則16頭まで。これからは絞り込みの時間です。

○概要

募集馬名:カニョットの20』

父:スクリーンヒーロー

母:カニョット

母父:Sunray Spirit

一口価格:45,000円

預託厩舎:西園 正都

○コメント・所感

カニョットは一昨年、去年もキャロットで募集をされていますね。その度に気になってレビューしています。一昨年、迷って出資を見送ったコートダルジャン(カニョットの2018)は見事な新馬勝ちを決めました。

ちなみに、去年のセレステイブランコ(カニョットの2019)のレビューはこちら。

www.hot-river.net

 

先日、アルゼンチンの銀杯を制した母を持つ『グローバルビューティの20』をレビューしましたが、母カニョットもまた、日本の芝と相性が良いと言われるアルゼンチンで良績を残した名牝です。GⅠ勝ちとしてはアルゼンチン1000ギニー(GⅠ)ですね。芝・ダートの両方で重賞を制しているのがアピールポイントでもあるでしょうか。

 

 

ただ、日本に来日してから重賞を制したり、クラシック戦線に躍り出るような代表産駒は残せていない状況でもあります。どちらかといえば、渋めの種牡馬を付けられているのも関係しているのかもしれませんが、既に本馬で出産年齢は15歳。大物誕生を期待したいところです。

 

そういう意味では、スクリーンヒーロー産駒というのは勝負手ですね。大物誕生を願うならRoberto系で、日本の現役種牡馬の中もピカ一のホームランバッターです。牝馬というのはRoberto系では正直マイナスではありますが…

 

配合的には、スクリーンヒーロー産駒のトレンドとなるような血はありませんが、母カニョットの母父Sunray SpiritはStorm Cat系なので過度に重苦しい血統には思えません。スクリーンヒーロー産駒にありがちな晩成傾向を補ってくれるのではないでしょうか。芝とダートの適性は迷うところですが、母の産駒の特徴を受け継ぎ、芝のほうが若干優勢とみます。距離は2,000メートルくらいあったほうが良いかもしれませんね。

 

今年は申し込みするかどうか。迷います。