【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

キャロット2020年出資候補馬 検討その⑪ 近親にサトノクラウン『シャレードスマイルの19』

検討11頭目(最終回)

キャロットの2020年募集馬の検討。本日から申し込みが開始されるということもあり、今回の更新で検討は最終回としたいと思います。

新規会員は郵送でのみ募集を受け付けており、9月8日が必着。つまり、悩むことができるのも土日まででしょう。既存会員の方のように中間発表で一喜一憂する楽しみが無いのは残念です。

話を戻して、今日の更新は近親にサトノクラウンがいる『シャレードスマイルの19』です。

ナンバー86:シャレードスマイルの19(牡馬)

概要

父:リオンディーズ

母:シャレードスマイル

母父:ステイゴールド

一口価格:50,000円

厩舎:橋田 満厩舎

 

コメント・所感

リオンディーズ産駒、滑り出し順調ですよね。

リオンディーズが脚元の不安で引退をしたということもあり、使いだしは慎重になるのかと思っていましたが、夏場の新馬戦でも積極的に使われ、ガンガン走ってきています。

しかも、産駒が芝であげている勝ち鞍は芝1,200メートル~芝1,800メートルと距離の幅もあります。リオンディーズが母の良さを引き出しているのか、それともまだ番組が限られているから傾向らしい傾向が出ていないのか。

どちらかはわかりませんが、前途洋々と言ってもいいと思います。これからますます繫殖牝馬を集めていくのではないでしょうか。

 

そんなリオンディーズ産駒である本馬。母シャレードスマイルは現役時代に4戦して0勝。一度も掲示板に載ることもなく、引退をしています。ただ、血統面で言えば、母シャレードスマイルは半兄に宝塚記念や香港ヴァースを勝ったサトノクラウンがいる良血牝馬です。

JRAで活躍した近親の成績を見ると、力がいる馬場や上りがかかる展開で活躍する馬が多いような。アイルランド生まれの母母ジョコンダⅡの影響が強いのかな。

また、本馬は『サンデーサイレンス4*3の奇跡の血量』が無理なく出来ていますね。これは種牡馬リオンディーズの強みです。Mr.prospectorのクロスもありますが…ダート向きには見えないのはシーザリオの印象でしょうか。やはり、本馬の適性は芝に思えます。

距離もクラシックディスタンスでも十分対応できるタイプ。大きいところを狙いたくなる一頭です。

 

となると、本馬の場合、気になってしまうのは価格です。プロフィール上のアピールポイントと比べて安いですよね。だって、牡馬で一口50,000円です。

ええっ?遅生まれでもないし、血統も筋が通っていて、父はキャロットで募集された活躍馬なのに?

預託厩舎が勇退も見えてきた橋田先生というのも、気にする人は気にしそう。

…とはいえ、不人気とまではいかないか。新規会員には回ってこない、かな…