【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

キャロット2019年出資候補馬 評価レビュー⑨ ヘニーヒューズ産駒の大物を期待『リーチコンセンサスの18』

 キャロット出資候補馬、評価レビューその⑨

気になる馬を5~6頭ピックアップするつもりだったのに、いつの間にか9頭目のレビューになってしまいました。釣りは行く前日が一番楽しいと言いますが、一口馬主も募集馬の検討が大きな楽しみだから仕方ないですね。

今日の気になる馬はヘニーヒューズ産駒の『リーチコンセンサスの18』です。

ナンバー77:リーチコンセンサスの18

概要

父:ヘニーヒューズ

母:リーチコンセンサス

母父:フレンチデピュティ

一口価格:50,000円

預託厩舎:関西

コメント・所感

母リーチコンセンサスはフレンチデピュティ産駒らしからぬスピード馬で1,200メートルと1,400メートルで合計4勝。あとちょっとでオープンクラスまで出世できそうでした。1600万下で2着が4回あるのが如何にも惜しい。競争成績を見るだけで悔しくなりますね。でも合計で一億円以上稼いでいますから一口馬主孝行な良い馬だったんだろうなぁ、と思います。

繁殖にあがってから3年連続で子供を産んでいましたが、その後はうまく受胎しなかったのか3年空けて生まれるのが本馬になります。空胎明けを嫌う方もいらっしゃいますが、私はプラスに捉えるほう。無事に生まれてくれてよかったですね。ちなみに、ヘニーヒューズ産駒は初めてです。

ヘニーヒューズ産駒は勝ち星の9割以上をダートであげているのですが、特に相性が良い血の組み合わせがありまして、その一つがDeputy Minister。本馬の場合、母父フレンチデピュティの父にその血があります。ちなみに、代表産駒のアジアエクスプレスも牝系からDeputy Ministerを引いてきているという心強い裏付けも。それ以外にも、本馬はクロスの形が非常にきれい。Hold Your Peaceの4*4、Northern Dancerの5*5、Raise a Nativeの5*5、と3つのクロスが発生しているのですが、父ヘニーヒューズと母リーチコンセンサスからそれぞれ一本ずつ引いてきています。

 

おそらく、ダート路線を最初から歩んでいくことになる一頭。もし、今回キャロットに入会できて長く会員を続けていくのであれば、こういった適性がはっきりして堅実な馬が出資馬にいてくれたら心強い!

惜しむらくはおそらく適性距離が短いであろうこと。ダートでも1,600メートルまで持てば選択肢が広がるのですが、本馬の場合は…ちょっと足らないと思われます。ポンポン、と勝ち上がっても、オープンクラスやさらに大きな舞台では歯ぎしりすることが増えてしまいそう。「母リーチコンセンサスにそこは似なくていいのに…」とか呟いてしまいそうな予感がします。

でも、金額的にすごくお手頃なんだよな…おなじヘニーヒューズ産駒の『ピエリーナの18』との比較になりますが、両馬とも母馬優先が付いている馬ですから出資できるかは運次第。だったら5,000円の差には目をつぶって本馬に申し込みをしてみるかもしれません。