【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

キャロット2019年出資候補を再考察する③ 『カニョットの18』

 申し込み馬絞り込みの第③弾

絞り込みレビューの3頭目。今日は『カニョットの18』の再レビューです。ノーザンファームハーツクライ産駒に60,000円で出資出来るチャンス、逃したくないですね。

ナンバー49:カニョットの18

概要

父:ハーツクライ

母:カニョット

母父:Sunray Spirit   

一口価格:60,000円

預託厩舎:牧田 和弥

誕生日:3月2日

測尺:

体高(cm)

胸囲(cm)

管囲(cm)

馬体重(kg)

153

177

19

456

(参考:レビュー記事https://www.hot-river.net/entry/carrot2019_49

 

出資ジャッジ⇒悩み中

カニョットの繁殖実績がまだパッとしないがゆえに、私の出資予算圏内まで降りてきてくれた『カニョットの2018』。当落線上で悩んでいます。

誕生日が3月2日なので、遅くもなく早くもなく。測尺も成長の余地を感じさせる標準的な値に思えます。最初のレビューで書いたように、アウトブリードの大きなメリットである「体質面での不安の無さ」をしっかりと体現していると思えるのは…単なるひいき目ですね(笑)

ただ、若干、管囲と比べて馬体重がある気が…牝馬は馬格があるのはプラスですが、最近、私の出資馬の故障が相次いでいるだけに、どうしても気になってしまいます。。。

預託厩舎は牧田先生。

実は牧田先生については、過去にPOGアマルフィコーストを指名するにあたってカチカチと厩舎の得意条件を調べたことがありました。その時自分なりに結論付けたのは、「馬に合わせて育成・レース選びをする柔軟さがある」というもの。もちろん、プラスでとらえています。

過去3年の成績を見てみると

2016年の一年間の成績(計18勝)を見てみると、ダートが8勝、芝が10勝。

2017年の一年間の成績(計18勝)を見てみると、ダートが11勝、芝が7勝。

2018年の一年間の成績(計17勝)を見てみると、ダートが10勝、芝が7勝。

となっており、ほぼ均等な成績です。

所属馬が使われる条件も「これっ!」という傾向がない。厩舎の看板馬からそれが読み取れるのですが、

トゥインクル(長距離重賞-ダイヤモンドS

ロンドンタウン(海外ダートGⅠ-コリアC)

アンドリエッテ(芝中距離-マーメイドS

アマルフィコースト(芝マイル-サンスポ杯阪神牝馬2着)

ですからね。

距離も条件もバラバラ。年間20勝前後をあげる中堅厩舎でありながらここまで傾向が読み取れないのは珍しいと思います。

カニョットの18』の父ハーツクライは晩成型の種牡馬であるだけに、『カニョットの18』にあった条件がわからずに時間切れ、ということもリスクとしてはあります。

そこをどう見るか。

ギリギリまで悩む一頭です。