【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

三十代半ばになってゲームに驚く…PS4+PSVRを買った感想【AmazonPrimeDayで購入したなり】

みんな大好きAmazonのPrimeDay~その②~

今日はみんな大好きAmazonの話、その②です。

前回、AmazonPrimeDayで「AcerのPCを購入したぜ(ドヤッ)」という話をしました。(参考:https://www.hot-river.net/entry/acer

その時に合わせて買ったものがありました。

それが以下の品。

f:id:hot-river:20190721142333j:plain

どーん

そう、プレイステーション4とプレイステーションヴィアール!

うーん、なんかカタカナで書くとしまらないのでPS4PSVRと書くことにします。年齢的に「プレステ」と「セガサターン」と呼んでいた世代なので、PS(ピーエス)○○と書いたり呼んだりすると小恥ずかしいのですがね。

いわゆる据え置き型のゲーム機を買ったのは実に17、8年ぶりくらいになります。というのも、PS2カプコンの名作・鬼武者シリーズをやりきった時、「次作が新ハードで出るまで据え置きゲームは卒業だ」という謎の枷を自らに課してしまったから。自分でも何でそんなことを考え、しかも律義に守ってきてしまったのか、謎です。

……本当はずっとゲーム、やりたかったんですよ。

スマホゲームみたいなライトなゲームはもちろん好きですが、もっと没入してやりたいという想いはずっとくすぶっていました。下手なくせに好きなものには凝るタチなので、睡眠とか食事とか、そんなものを度外視して、のめりこみたかったんですよ。例えば、競馬のように。

 

VRは外界を断つ

そんな謎の枷をなぜ今回外したのか。それは「VRは外界を断つ」ということを耳にするようになったから。人は誰しも心動かされる言葉があると思うのですが、私はこのフレーズにグッときました。実際、筐体を持っている後輩も「そうだ」と言うではありませんか。

(私)外界って何?

(後輩)ゲーム以外の世界ですよ

(私)え、ゲーム以外の世界のこと?それって、ゲームが本当の世界になるってこと?なにそれ怖い。

(後輩)いや、マトリックスじゃないんで。でも、いいですよ。

(私)でも、それってやめられなくない?

(後輩)そうですね。

(私)そんなはっきり言われても…困るなあ。

(後輩)いや、困られても困りますよ。

そんな生産性ゼロの会話をしつつ、心動かされかけている時、「今なら安く買える(かも)よ…」とAmazonという名の天使が囁いたというわけです(2回目)。

気が付けば、安く買ったはずのAcerのパソコンの2倍以上の値段を出してPS4PSVR・ソフト(3本)を買っている私がいました。

まさか30代も半ばになり、未就学児の子供が二人もいるくせに据え置き型ゲーム機を買うとは。友人・親類に鼻で笑われました。「鬼武者の新作、PS4でリリースしてないけど…」というカプコン様の声も聞こえてくるようです。

組み立て⇒実践⇒すげえ驚いた

そんなわけで、到着したPSVRがこちら。初代ロボコップを彷彿とさせます。理解いただける30代以上の紳士の方、ここまで読んで頂いていますでしょうか。

f:id:hot-river:20190721142504j:plain

ロボコップ

視野を確保するためのVRカメラも設置。子どもたちに奪われないようにテレビに上側に設置です。

だいたい、設置まで一時間強くらいかかりました。最近のゲーム機はインターネットにつながっていることが前提なんですよね。うちは無線のWi‐Maxを使っているのでここで結構時間を食いました。

で、同封版でついていたVR-WORLDとかいうライトなVRゲームを読み込み、PSVRを装着。見た感じは軽そうですが、実際にはめてみると思ったより重い。首が鍛えられそう。

 

早速プレイをしてみた感想は…やばかった。

 

360度、すべて視野が広がっているという体験を現実以外で初めてしました。作りこみも凄い。昔、ドリームキャスト崩壊のきっかけと揶揄されたシェンムーというゲームがあったと思うのですが、それ以上の作りこみ具合。こんなに細部までグラフィック作ってどうするの?って感じ。でも、それがやばい。超やばい。(語彙が貧弱。)

よく考えたなと思うのが、イヤホンです。PSVRから直結するイヤホンが付いているのですが、これをつけると一層ゲームの世界に没入させてくれる。イヤホン無しでもテレビ画面から音声でプレイもできるのですが、それは「やっぱゲームだわ」になる瞬間があります。でも、VRと直結するイヤホンだと視覚と聴覚が合体している感じで素晴らしい。

そして⇒酔った

で、ここからはオチというか、情けない話なのですが、一時間半くらいプレイした結果、結構酔いました。これが噂のVR酔いか。15分くらい目をつぶっていたら収まったので、PS4のスペックに私というポンコツがついていけなかったせいかもしれません。

でも、いやぁ、買ってよかった。最近は良い買い物が続いています。ロードの2歳馬でギリギリで買った(出資)したフレーヴォもゲート試験合格してくれたし。

しばらくはPS4をプレイする週末を過ごしてみたいと思います。ウイニングポストも買わなきゃ。