【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2022-2023シーズンで気になる馬⇒~ウイングザムーンの2020~

ユニオンの先行募集馬を狙え

今年はPOG青本は買っていないのですが、他のPOG本にはない好きなコーナーがありました。正式名称を忘れてしまったのですが、勝ち組相性を狙えみたいなコーナーで、例えば「サラブレッドクラブライオン×矢作先生」とか「友道先生×佐々木大魔神オーナー」みたいな、今では鉄板の組み合わせを先取りしてくれていて、かなり勉強になった印象があります。

 

個人的にそんな好印象の組み合わせが「ユニオン×セレクトセール先行募集馬」です。ブログ主も入会しているユニオンの先行募集馬はダービーにも出走馬を送り込んでくる注目の組み合わせ。

 

ということで、今日はそのレビュー。『ウイングザムーンの2020』です。

『ウイングザムーンの2020』(牡馬)

父: ロードカナロア

母: ウイングザムーン

母父:アドマイヤムーン

厩舎:手塚貴久

生産者:高昭牧場

POGで気になるポイント

 

 

実は本馬については先行募集になった時にもレビューをしていました。

非常にスピードに優れた血統だと思っており、早々とユニオンで満口になったのもわかります。

●参考

www.hot-river.net

 

改めて血統表を見ますと、やはり目を引くのはStorm Cat 3 x 3とRaise a Native 5 x 5という前向きを感じる濃い目のインブリードクロスですね。母ウイングザムーンは快速牝馬でしたが、父ロードカナロアを付けてさらにそのスピードを強化したような印象です。

 

血統的にはベストは1200メートル。もってもマイルまでというところなので、POGのシーズンとしてはクラシック一発よりかは、マイル路線での稼ぎ頭を狙って指名したいところでしょうか。賞金があれば、クラブとしては3歳時は多少適性は合わなくてもNHKマイルには挑戦してくれると思います。

 

そうなると、早期デビューして2歳重賞を転戦してほしいなんてことを考えてしまうので、ユニオンのホームページで近況をチェックしてみると、既に吉澤ステーブルEastに移動しているみたいですね。

 

15-15の調教をこなしているのは非常に心強いところではないでしょうか。濃い目のインブリードクロスと聞くと気になる体質面も、500キロ近い馬体になっているところから気にしないでも良さそうです。

 

無理やりPOGで気にするものをあげるなら、意外にも短い重賞ではあまり大きいところをとっていない&一戦必勝タイプの手塚先生に預託されるということで、やきもきすることは多少あるかな…くらいでしょうか。

 

エポカドーロもビターエンダーもPOGでの人気は集まらなかった馬。走っても走っても人気しないのがユニオンの良いところでもあり、歯がゆいところでもありますが、早期デビューの声が聞こえてきたら指名候補リストに加えて全く損はないと思います。