【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2022-2023シーズンで気になる馬⇒~タッチングスピーチの2020~

好きな種牡馬の産駒応援シリーズ③

好きな種牡馬応援シリーズの第三弾。せっかく2010年世代をエイシンフラッシュヴィクトワールピサときたので、続くはルーラーシップです。

本当はローズキングダム産駒も応援したかったのですが、種牡馬引退が惜しい限り…

話を戻してルーラーシップ。2010年世代の種牡馬では最も成功した種牡馬で、リーディングサイヤーの常連でもあります。

後継種牡馬のキセキも送り出しましたが、そろそろ種牡馬生活も晩年。さらなる大物が欲しいということで、素直に大物候補をレビューします。『タッチングスピーチの2020』です。

タッチングスピーチの2020』(牡馬)

父: ルーラーシップ

母: タッチングスピーチ

母父:ディープインパクト

厩舎:手塚厩舎

生産者:ノーザンファーム

POGで気になるポイント

 

タッチングスピーチ桜花賞オークスこそ間に合いませんでしたが、秋華賞トライアルのローズステークス(GⅡ)を快勝。秋華賞に2番人気で出走した素質馬でした。

フィリーズマイル(GⅠ)を制覇した名牝リッスンの血を引くということで、当時のPOGでも結構人気した記憶があります。母の半弟ムーヴザワールドもサトノルークスも、ディープインパクト産駒らしく末脚を伸ばして来る良い馬でしたね。

タッチングスピーチディープインパクトと最近見直しされているSander’s Wellsの血を引くということ、繫殖牝馬としても期待され、ノーザンファームで繁殖入り。

初年度はロードカナロアをつけられ、2年目産駒がルーラーシップ産駒の本馬ということになります。

血統的にはルーラーシップ産駒一番の出世馬であるキセキと同配合の「ルーラーシップ×母父ディープインパクト」にまず目が行きます。

全体的にゆるやかなアウトブリードの配合で、いかにも府中の芝でのびのびと走らせたいタイプの血統表となりました。

ただ、キセキは特徴的な先行馬でしたが、気性の問題だったので本馬にそれを当てはめるのは違うかな…(苦笑)

ちなみに、本馬はサンデーレーシングで募集され、美穂の名門手塚厩舎に預託。それだけでも心強いのですが、5月に天栄に移動の予定がたっているという情報もあります。

6月の府中デビューを睨んでのことでしょうか。POG的には好ポイントです。

手塚先生は一戦必勝の使い方をされる先生なので、期間内では多くても5戦程度となるはず。ポイントゲッターというよりは大きいところをガツンと勝ってもらう馬でしょう。

ドラフト3位くらいで取れたらいいですが…どうでしょうか。