【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2021-2022シーズンで気になる馬⇒~テイエムプリキュアの2019~

プリキュア新シリーズ開幕

全く競馬から関係ない話なのですが、先月末からプリキュアの新シリーズが始まりまして、我が家で暮らす女児たちが食いつかんばかりに見ています。去年よりも食いつき気味。年齢がプリキュア・ストライク世代に入ってきたのかもしれません。

話の筋を一生懸命教えてくれたのですが、「人魚がお友達になるとても元気な女の子の話」ということしかわかりませんでした。

…まあ、良いのです。楽しんでおくれ。

 

そして、今日のレビューの一頭は、私がプリキュアの名前を聞くたびに思い出してしまう一頭をレビュー。テイエムプリキュアの2019です。

テイエムプリキュアの2019』(牡馬)

馬名:未定

父:アドマイヤムーン

母: テイエムプリキュア

母父:パラダイスクリーク

厩舎:未定

生産者:タニグチ牧場

 

POGで気になるポイント

女児の人気ものを名前に持つ母テイエムプリキュア。本馬はその8番仔です。

テイエムプリキュアは現役時代に3連勝で阪神ジュベナイルフィリーズを制覇。8番人気という低評価を覆す激走で、鞍上は障害競走の名手でもある熊沢重文ジョッキーでした。

しかしながら、年明けのチューリップ賞で4着に敗れた後、3年以上に渡って勝利から遠ざかります。引退でもおかしくなかった思いますが、6歳になってから日経新春杯でまた11番人気からの激走。重賞2勝目の勝利をあげます。

そして、個人的に母テイエムプリキュアの現役のハイライトとしてあげたいのが2009年のエリザベス女王杯ブエナビスタが圧倒的な一番人気の中、クイーンスプマンテと共に大逃げを放ち、2着に逃げ残りました。

その当時、競馬を始めたばかりだったブログ主。引き気味のカメラが切り替わり、4コーナーを回ったカメラが捉えた母テイエムプリキュアの姿を私はきっと忘れることはないでしょう。

繁殖に上がってからはサンデーサイレンスを持たないGⅠ馬という配合相手を選ばない血統ではありながら中々面白い父を配合してきています。

例えば、ディープスカイキングズベストヤマニンセラフィムテイエムオペラオージャングルポケットネオユニヴァース、などなど。男気ある竹園オーナーの意向を強くを感じますが、さすがにヤマニンセラフィムは「?!」と思ったりもしますね。

配合が全てとは言いませんが、ここまで生まれた産駒で中央を勝ち上がった馬はおらず、GⅠ馬の産駒としては物足りない結果にはなってしまっています。

いかんせん、ちょっと重すぎる血統であったり、傍流に傍流を重ねる配合になってしまっていたのではないでしょうか。

 

その点、今回、アドマイヤムーンを付けたことで過去の産駒よりかは短距離に寄せた配合なっているとは思います。また、アドマイヤムーンはダートでも通用する馬を輩出するので、牡馬に生まれたのもプラスになると思います。

 

ただ、本当は母テイエムプリキュアのNureyevの血を活かす配合をしていったほうが良いと思うのだけどな…それこそ、ロードカナロアとか。いや、でも今はフルブックのロードカナロアですから繁殖牝馬も選ばれる立場。GⅠ馬とは言え、産駒が未勝利では母テイエムプリキュアが選ばれるのは厳しいか。

 

というわけで、本馬には母テイエムプリキュアの評判をあげる活躍を期待したい!

POGでは完全に応援枠の一頭です。