【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2022-2023シーズンで気になる馬⇒~スサーナトウショウの2020~

絶好調シルバーステート産駒

初年度産駒が素晴らしい成績を残した種牡馬シルバーステート。初年度の種付け料は80万円だったそうですが、2021年は150万円に値上げ。そして、2022年はなんと600万円という高額になっておりました。爆上げです。

それだけ将来を渇望されているということでもありますが、POG的にはググっと繫殖牝馬が良くなる来年か再来年を狙うのが定石でしょう。

ただ、それでもこれはいいなと思う血統馬がいたらレビューせざる得ません(笑)

『スサーナトウショウの2020』です。

 

『スサーナトウショウの2020』(牡馬)

父: シルバーステート

母: スサーナトウショウ

母父:ロックオブジブラルタル

厩舎:不明

生産者:ノーザンファーム

POGで気になるポイント

セレクトセールに上場され、2200万円で入札された素質馬です。

母スサーナトウショウは未勝利で引退をしており、これまでデビューした産駒4頭の内、中央で勝利したのは1頭のみ、とあまり目立つ実績を残していませんが、注目すべきは祖母に短距離路線で重賞4勝をあげたシーイズトウショウがいることでしょうか。

 

シーイズトウショウの一族は2歳戦から活躍する馬が多く、ヨハネスブルグ産駒のトウショウピスト(『スサーナトウショウの2020』にとっては、叔父)は6勝をあげていますね。また、晩年の産駒ではありますが、ヴェルテックスが名古屋グランプリを制するなど、これからも着実に枝葉を広げていきそうです。

 

配合面では、シルバーステート産駒の多くが持つサンデーサイレンスのクロスが無いことが特徴ではあるでしょうか。正直、「繫殖牝馬の質のわりに走ってしまう」というシルバーステートの特徴ゆえに「なんでもあり」の感もありつつも(笑)、個人的には母父ロックオブジブラルタルと牝系にあるサクラバクシンオーの血が、スピードマシマシといった感があって非常に気になります。

 

シルバーステート自身もデビューはマイルであったように、本馬もマイラータイプに育ってくれれば、3歳マイル路線の稼ぎ頭になってくれそうなイメージがあります。ちなみに、産駒のほとんどが芝で活躍するのがシルバーステート産駒です。

 

情報は出てくることは無いと思うので、POGで指名するのは勇気がいりそうですが、応援したい馬です。