【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2020-2021シーズンで気になる馬⇒近親にシンハライトにアダムスピーク~シンハディーパの2018~

シンハリーズ一族のシンハディーパ

母シンハリーズと言えば、POGでは鉄板の一族です。一番最初に注目されたのはラジオNIKKEI杯を制覇したアダムスピーク。その後も、リラヴァティシンハライト、ミリッサ、シンハラージャ、とドラフト中位では指名される人気の母となりました。

おそらく、『ノーザンファーム&キャロット&名門厩舎』というプロフィールに加え、『ある程度堅実性を備えている』という、指名の安心材料が揃っているのが人気の秘密かと思います。

そんなシンハリーズですが、2018年の空胎。シンハリーズファンのPOG愛好者にとっては、来シーズンは悲しいシーズンです。

そこで、シンハリーズ一族で注目の馬を今日はレビュー。『シンハディーパの2018』に注目してみます。

 

『シンハディーパの2018(牡馬)』

馬名:未定

父:ハーツクライ

母:シンハディーパ

母父:ウォーエンブレム

厩舎:未定

生産者:ノーザンファーム

POGで気になるポイント

シンハリーズの一族で2018年産駒は4頭います。

①『シンハライトの2018』(父モーリス)

②『ポロンナルワの2018』(父ディープインパクト

③『リラヴァティの2018』(父モーリス)

④『シンハディーパの2018』(父ハーツクライ

このうち、①~③の3頭はキャロットで募集です。母たちが皆キャロット名義の馬たちだったからですね。キャロットの絆・Our Bloodというやつでしょう。

で、④の『シンハディーパの2018』だけは母シンハディーパがサンデーレーシングでデビューしていたこともあり、セレクトセールで上場されています。落札価格はなんと税込2億9,160万円。

ゲゲッ!と思いますが、①~③の馬たちも上場されたら1億以上のプライスは普通につくから…相場的にはややお高いくらい?

そう考えると、凄い一族です。

母シンハディーパは現役時代1勝。引退した後に毎年違う父をつけていました。初年度スクリーンヒーロー牝馬、次年度ダイワメジャー牝馬ときて、三番仔にして初めての牡馬がハーツクライを付けた『シンハディーパの2018』です。

やはり、『シンハディーパの2018』にとって注目なのは、ハーツクライ×母父ウォーエンブレムでしょう。

母父のウォーエンブレムは諸事情(?)により絶対的な産駒数が少ないにも関わらず、重賞を制する産駒を何頭も輩出した名種牡馬です。

ややフィリーサイヤー寄りの要素もあり、BMSに入ってからもアストラエンブレムやスカーレットカラーなど、存在感を発揮しています。

ハーツクライとの組み合わせは上記ウォーエンブレムの事情により当然少ないのですが、心の踊る組み合わせです。

血統表を見てみると、Haloのクロスは15.63%とやや濃いように見えますが、シンハリーズの奥にあるだけで、ほぼほぼアウトブリードに近い配合。それだけに、Haloのクラスはサンデーサイレンス系の中では長距離砲+奥手と言われるハーツクライ産駒にとって、早熟性とスピードが補えそうでむしろ好印象です。

もっとも、初夏デビューとはいかないでしょうけど。馬体はセレクトセール時点でかなり立派なだけに、仕上げるのは時間がかかるのでは。指名するならクラシックを狙う大物としてって感じでしょうか。

 

ちなみに、オーナーは先日サンデーミラージュでJRA初勝利をあげた杉野公彦氏。勢いそのままに来年のクラシックにこの馬で殴り込みでしょう!

厩舎はどこになるかはわかりませんが、おそらく栗東の、しかもノーザンファーム系中堅厩舎を予想。

皐月、ダービーのどちらかをストライクといきたいですね。