【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

2019年シーズンPOG指名馬を紹介してみる~ハム太郎と愉快な仲間たち~

 

POG指名馬の紹介

昨日更新をさせて頂いた『ハム太郎と愉快な仲間たち』POGについて、せっかくなので指名馬五頭の指名理由レビューをさせて頂きます。

(参考:https://www.hot-river.net/entry/lord-POG-20190630

(参考:『ハム太郎と愉快な仲間たち』へのお誘い)

yutaro2050016.hatenablog.com

 

ハム太郎さんのPOGルールでは指名馬の重複OKではあるのですが、せっかくなのでブログ主が指名した時点で他の方と被らない指名をしてみました。ちなみに、今の時点でPogstarion上では1頭しか名前が決まっていないことに。Pogstarionの更新のラグのせいでしょうけど、どうしてこうなった(笑)

 

1位指名:ロードシャムロック(牡)

情報

父:ロードカナロア

母:スピニングワイルドキャット

厩舎:中内田厩舎

指名理由

ブログ主のファーストクラブであるロード。そこから1位指名を選ばずしてどうするという執着心にも似た愛着で指名です。

本馬は短距離路線で活躍中のダノンスマッシュの全弟です。祖母ハリウッドワイルドキャットから連なる母系はスピードにあふれており、如何にも短距離でよさそうな血統馬。既にゲート試験を合格してデビューに向けて育成場で調整を重ねているのも好材料

いまは万能種牡馬のように捉えられているロードカナロアですが、本質は芝・ダートを問わない短距離~マイル路線と睨んでいるワタクシ。POG期間から能力全開でいってほしいです。

ちなみに、一口価格は108,000円。手は出ませんでした(涙)

2位指名:アルテフィーチェ(牝)

情報

父:ハーツクライ

母:アルテリテ

厩舎:友道厩舎

指名理由

今年は出来が良いと評判のハーツクライ産駒。他の方が指名していないハーツクライ産駒でよさそうな馬を…と探してこの馬を指名しました。母アルテリテはガーデンシティステークス(GⅠ)を勝利。母の奥にDanzigを持っているのもポイントですが、何よりPOGハーツクライ産駒を指名する際に重要な「順調さ」を備えているのが非常に高ポイント。早めにデビューできるハーツクライ産駒の牝馬はトントンと春の大舞台に駒を進めるんですよね。距離的な守備範囲も広そうですので、桜花賞からオークスまでずっと楽しめそうです。

3位:アバグネイル(牡)

情報

父:スクリーンヒーロー

母:スナッチ

厩舎:手塚厩舎

指名理由

「5頭の中で種牡馬のかぶりは無し」というルールに乗っ取り、個人的にファンであるスクリーンヒーロー産駒の指名です。種牡馬としてデビュー以来、予想外の大物をターフに送り出し続けている父スクリーンヒーロー。社台コーポレーション生産のスクリーンヒーロー産駒はまだ数は多くありませんが、本馬にその代表的な成功例になってほしいところ。

スナッチドはベルモントフューチュリティステークス(GⅠ)を勝利したCuveeの半妹で、仕上がりが早い産駒を産む繁殖牝馬です。スクリーンヒーローは『本格化』というか『覚醒』のタイミングが遅いことが多い気がするのですが、母の血でそれをカバーしてくれれば非常に夢が見れる血統馬だと思います。

4位:シャドウブロッサム(牝)

情報

父:ディープインパクト

母:ヒアトゥウィン

厩舎:藤岡厩舎

指名理由

あ、ディープ指名してないや、と気が付いて自分が過去にレビューしている中から一頭選びました。

https://www.hot-river.net/entry/2019POG_deep

あえてのノーザンファーム以外というところで、もし身内POGが開催されていたら確実に指名していました。レビューでも書いたのですが、やはり堅実さと意外性を楽しむ意味で面白い一頭だと思います。情報が少ないのはやきもきしそうですが、まあ、走ってからのお楽しみということで(笑)

5位:イグニタス(牡)

情報

父:ハービンジャー

母:ガーネットチャーム

厩舎:池江厩舎

指名理由

4位指名ヒアトゥウィンで自身のレビューを見返して、最も気になる本馬を指名しました。

https://www.hot-river.net/entry/2019POG_others

じわりじわりと評価が見直されているハービンジャー産駒。今年~来年でハービンジャー旋風が吹き荒れても全く不思議じゃないと思っています。実際、もしキャロットで良い馬が募集されたらその馬を狙って入会したいと思っているほど。

本馬の母はハービンジャー産駒の代表馬であるペルシアンナイトの半姉。一族も中央で副勝利を挙げる堅実な馬が多く、実際に母の初仔であるロードカナロア産駒も既に中央で2勝。2番仔である本馬にも期待がかかります。何だか京成杯をひっそり勝って、人気薄の皐月賞で激走とかがありそうですよね。楽しみです。