【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

オーヴァルエースが種牡馬入り。Henenssyの勢力拡大は安泰?A.P.Indy系は?

オーヴァルエースが種牡馬入り

ついこの前、ヘニーヒューズ産駒のオーヴァルエースが現役復帰を諦め、イーストスタッド種牡馬入りするというニュースを見つけました。

そうかあ、復帰は出来なかったのか。いかにも強いダート馬らしい勝ちっぷりが気に入って名前だけ憶えていたのですが、、ちょっと残念。

しかし、3戦3勝とはいえ、重賞未勝利どころか重賞未出走馬。それが種牡馬入り…とは豪気なことです。オーナーの思い入れも強かったのかもしれませんね。

news.netkeiba.com

 

あとは、ヘニーヒューズ産駒&その後継種牡馬の評判が上々なこともあるのかも。

 

ヘニーヒューズ自身も17歳にして種付け料が500万円にアップして現役バリバリの種牡馬なのですが、後継種牡馬アジアエクスプレスの産駒も当初予想された通りコストパフォーマンスの良さを見せつけています。

そして、モーニンは80万円という手頃な種付け料もあり、2020年に190頭もの牝馬を集めています。

オーヴァルエースの種付け料はモーニンよりさらに安い50万円(出生確認後)。Storm Catから連なるHennessyヘネシー)系として勢力拡大の一役を担えるでしょうか。

 

A.P.Indyパイロの後継は…これから

ちなみに、ヘニーヒューズ産駒が大得意とするダート短距離~マイル路線で良くバッティングするパイロA.P.Indy系の種牡馬です。

ただ、パイロヘニーヒューズよりも3年程度遅く産駒がデビューしたこともあり、まだ後継種牡馬を担えるような代表産駒は出てきていません。ただ、それだけに、そろそろ大物も出てくると思っているのですがどうでしょうか。

ダーレーけい養種牡馬のため、あまり出資機会は多くありませんがチャンス到来かと思っています。出資機会があれば、大きく振っていきたいところかも。

ゴールドアリュール系の大波を堪えられるか

とはいえ、Hennessy系 vs A.P.Indy系というのが日本ダート種牡馬界の縮図かというとそう言うわけでもないでしょう。

先日もブログに書きましたが、ダート界にもスピードという概念を持ち込んだ『ゴールドアリュールの後継種牡馬の勢力拡大にどれだけ抗えるか』というのがテーマな気がします。

エスポワールシチーコパノリッキーゴールドドリーム(仮)、クリソベリル(仮)と後継種牡馬もズラリですからね。

また、先日惜しまれつつこの世を去ったシンボリクリスエスについては、ルヴァンスレーヴがどれだけダート界に大物を送り込めるかも気になるところ。

 

【ダート界 勢力争い】

本命:ゴールドアリュール

対抗:ヘネシー

単穴:シンボリクリスエス系、A.P.indy

 

みたいな感じかな。

あ、Mr.Prospector系もいますよね。

先日、チュウワウィザードが中央ダートGⅠ馬になったことですし。

 

…なんだかまとまりのない話になってしまいましたが、オーヴァルエースの活躍を祈ります。