【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【NHKマイルの想い出と予想】今年の府中のマイル王は…どの馬かな?

定石の馬か、異質の馬か

府中の春のGⅠ開幕戦であるNHKマイル。3歳のマイルチャンピオンを決める一戦ですね。

強かった馬を思い出すと、、、やっぱりミッキーアイルかな。

先行してゴール前でかわす、そんな戦法がマイルGⅠの定石です。最近だと、インディチャンプみたいな勝ち方というとイメージが湧くでしょうか。強いマイラーが大体この戦法で勝ちに来ます。

ところが、NHKマイルのミッキーアイルの勝ち方は異質でした。取った戦法は逃げの一手。スタートダッシュを決めて、二の脚、三の脚で伸びていく。デビュー戦以来、「逃げのみ」を貫き、NHKマイルを勝った時はカッコ良かった。

フジテレビの「府中のマイル王、ミッキーアイル!」の実況も痺れました。マイル戦のMyBest実況の上位に入ります。

ちなみに、名馬デュランダルの「名刀の切れ味は今年も衰えず!」という実況もマイルGⅠの痺れる実況としてすぐに思い浮かびますね。もっとも、あれは舞台が秋のマイチャンですし、デュランダルは末脚自慢でしたけど。

午後ははっきりしない空模様になりそうですが、空同様というか、今年は混戦模様で面白い一戦です。ちょっと買い方を工夫すれば面白い配当になりそう。楽しんで予想してみます。

本命はサトノインプレッサ

まずは本命です。上位人気馬の不振が目立つレースですが、今回はオッズ的には4強。そして、競馬新聞等では本命に関しては実質3強の様相を呈しています。

メジャーエンブレムを想像させる阪神JF馬のレシステンシア、前哨戦のNZTを制したルフトシュトローム、名牝サプレザの子であるサトノインプレッサ、その3頭です。

3頭とも複を外すという結末は想像しにくく、どの馬でも正直、勝つ資格は十分ですが…減点が少ないのはサトノインプレッサかと思います。

府中のマイル戦は1,600メートル以上を走るスタミナを必要とされる一戦。1,800メートルの毎日杯を経由している馬の成績は抜群です。外枠であるのが若干不安ですが、中位差しの馬なのでそこまでマイナスにはならないでしょう。

 

対抗はラウダシオンとサクセッション

次に対抗。少し穴っぽいところから選びたいと思い、出馬表を眺めて…ラウダシオンとサクセッションは面白いですね。

サクセッションは重賞では足らないと断じるにはまだ材料が足りませんし、ラウダシオンも距離延長が良くないと決めつけるには早い。両馬とも伸びしろがあるレースぶりが魅力です。

また、ジョッキー的にも良い。一発を狙う気満々できそうじゃないですか、横山典ジョッキーもデムーロジョッキーも(笑)

良い意味で空気になっている時は怖いジョッキーです。

買い方は馬連とワイド

買い方は馬連とワイドでいきます。

サトノインプレッサを本命にしたラウダシオンとサクセッションの三連複フォーメーションとか手を出したくなりますが、ぐっと我慢して見送る。我慢の子です。

まずはワイド。本命のサトノインプレッサから対抗2頭と、あとは中位人気の馬に流しますか。

サトノインプレッサ⇒ラウダシオン、サクセッション、プリンスリターン、ギルデッドミラー

で4点。

次に馬連。今回は対抗が2頭いますので、相手を3頭に絞って2頭から流します。

ラウダシオン⇒レシステンシア、サトノインプレッサ、ルフトシュトローム

サクセッション⇒レシステンシア、サトノインプレッサ、ルフトシュトローム

で6点。

 

合計10点。以上。

ワイドがかすればOKくらいの気持ちで楽しみたいと思います。