【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

出資馬ロードグラディオが中央登録抹消

ロードグラディオが中央登録抹消

今日は、個人的にちょっと寂しいニュースで、さらりと更新です。

 

1週間前、出資馬のロードグラディオが中央登録抹消されることになったと、ロードから通知が届きました。中央登録抹消は初めてではありませんが、ブログ主にとっての初めての出資馬がロードグラディオでした。感慨深いものがあります。「ついに…」という感じ。

ずっと応援している贔屓球団の愛着ある選手が引退する時と似ているというか、なんというか。

f:id:hot-river:20211017140200j:plain

西浦厩舎時のメンコが懐かしい

3歳時にはNHKマイルとジャパンダートダービーに出走してくれて、「出資馬がGⅠで走る」という一口馬主でも中々味わうことが出来ない楽しみを教えてくれました。

 

古馬になってからはダートを中心に走り、計4勝。ただ、振り返ってみれば、新潟2歳ステークス関東オークスという芝・ダート両方の重賞を制した母シンメイフジの子供らしく、芝が2勝、ダートが2勝の活躍でしたね。

 

オープン入りを果たした銀蹄ステークスは特に思い出深い。5番人気ながら鞍上ルメールジョッキーの好騎乗により、外からキッチリと差し切り勝ち。1,400メートルという非根幹距離ではありますが、もう200メートルを伸ばすように成長できれば、フェブラリーステークスの舞台にも…と期待を膨らませたことを昨日のように思い出します。

 

ただ、オープン入りしてからダート上級クラスの壁にぶつかってしまったのも確か。10戦して5着に以内に入ったのは1回だけ。「これからの伸びしろは難しい」というのがロードサラブレッドオーナーズの判断なのでしょう。

 

そうか、あかんか…

 

出資者の贔屓目としては、レースの展開が向かなかったり、ジョッキーの騎乗に疑問符がついたり、体調が整っているのに中々入厩できなかったり、と古馬になってからは色々思うこともありましたが…それも含めて良い思い出です。

 

お疲れ様でした。

 

※写真の掲載、URL・コメントの一部転載はロードサラブレッドオーナーズに許可を頂いております。