【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2021-2022シーズン有力馬→キングカメハメハ産駒で探してみた

キングカメハメハ産駒の有力馬(2021-2022)

POGの注目馬レビュー、今日はキングカメハメハ産駒です。19年産駒がラストクロップ。そのラストクロップもわずか70頭強と非常に貴重な馬たちとなります。

残された産駒から大物が出るというのは種牡馬の世界ではよくあり、キングカメハメハは晩年、体調を崩していたことから繫殖牝馬も選ばれた馬ばかり。繫殖牝馬の良い面を際立たせる特徴がある名種牡馬でしたから、ある意味今年はわかりやすいの指名をしていけばいいのかな、と思います。

というわけで、今日は本命、対抗、穴と全てコテコテです。

本命候補:シンハライトの2019(牡)

オークスを制したシンハライトの2番仔です。ノーザンファーム生産。母と同じく、キャロットで募集をされています。
キングカメハメハ×母父ディープインパクトというダービー馬配合はもちろんことながら、母シンハライトの母母シンハリーズの牝系は毎年のように活躍馬を輩出する勢いがある牝系で、牡馬・牝馬ともに3歳戦からバリバリ走ってくる馬を送り込んできます。瞬発力を活かしてクラシックで活躍できるプロフィールであることは疑いようもありません。

インブリードクロスは全体的に薄めなので、血統面での懸念もないと思うのですが、まだ移動はしていない模様。でも、秋口の少し長い距離の新馬戦のほうがよさそうなタイプですし、ドラフトで一本釣り出来るならぜひですね。

 

対抗候補:モルガナイトの2019(牡)

ブラックスピネル(東京新聞杯GⅢ勝ち)やインフィナイト(SRCGⅢ-2着)の半弟にあたる馬です。サンデーレーシングで募集されています。

本馬も日本で勢いがある一族の出身馬ですね。母母のタンザナイトはダンビュライト(AJCGⅡ、京都記念GⅡ勝ち)やラブラドライトダイヤモンドS-2着)を産んでいます。

余談ですが、前述したシンハリーズが「華々しい」とすると、タンザナイトの一族は「渋い」活躍をみせる馬が多く、、、なんというか、応援したくなります(笑)

育成が遅くなっているという情報もありますが、それはどうやら外傷によるもので競争能力に影響するものではないようですね。黒岩厩舎ということで、大人気にはならないでしょうが、如何にもやや重の皐月賞を穴人気で勝っていそうなプロフィールだと思います。兄姉の勝ち上がり率が高いのも非常に心強い。

それに『今回世を去ったキングカメハメハ×種牡馬を引退した母父アグネスデジタル』という組み合わせも良いですよね。最後の大物ってこういうところから出てきそうと思ったりします。

穴候補:クロウキャニオンの2019(牡)

POGではお馴染み、超堅実母さんこと、クロウキャニオンの産駒です。

引退してから産んだ産駒は14頭おり、デビューしている12頭すべてが中央で勝ち上がっています。なお、まだデビューしていないのが2歳馬の本馬と1歳年下の妹(ちなみに、ブラックタイド産駒)なので、実質勝ち上がり率は100%です。これがどれだけすごいことか、一口馬主やっている人ならわかるはず。ありえないレベルです。

しかも、産駒はどちらかといえば、2歳~3歳戦で良績を残す傾向にあり、掲示板をポイント加算できるルールのサークルでは中位指名で取り合いになるのがクロウキャニオンの産駒なのです。

今回は例年のディープインパクト産駒から変わって、12年ぶりのキングカメハメハ産駒ですが、個人的には指名を迷う必要はないと思います。金子オーナーに一口乗るつもりで指名してしまっていいのではないでしょうか。