【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2020-2021シーズン有力馬⇒キングカメハメハ産駒で探してみた

キングカメハメハ産駒の有力馬(2020-2021)

前回のディープインパクト産駒のまとめに続き、キングカメハメハ産駒で気になる馬たちです。POGで大物を狙うならキングカメハメハ産駒なんですよね。ダービーを狙うなら指名しないわけにはいかない。

ポイントとしては出来るだけ牡馬を指名することでしょうか。POG期間に限らず、キングカメハメハ産駒は牡馬に活躍馬が偏る傾向にあります。ロベルト系でもないのに不思議な傾向。

まぁ、牝馬の場合でも一口馬主のスパンで見ればしっかり生涯賞金は稼ぐ馬も多いので優秀な種牡馬だったのだと改めて思います。

「だった」と過去形で語らなくてはならないのが残念です、本当に…

1頭目ヒカルアマランサスの2018(牡馬)

個人的にはあまり早期デビューのイメージがないキングカメハメハ産駒ですが、6月にデビューを予定されている一頭と噂を聞き、チェックです。セレクトセールで1億4000万円の高値で落札されています。

ヒカルアマランサスアグネスタキオン産駒らしいスピードに優れた馬でしたね。産駒の成績も大物こそ出ていませんが、非常に安定していて安心感があります。

2頭目ドナブリーニの2018(牡馬)

半姉にジェンティルドンナドナウブルーがいる超が付く良血馬。サンデーレーシングで募集されています。サンデーレーシングの3指に入る期待馬でしょう。一口は250万円。

調教師は池添学先生。ブエナビスタの子供など、ノーザンの期待馬を預かっている先生です。求められるレベルが高いせいか、競馬ファンの厳しい評価を耳にしますが、馬体が小さかったり、気性的に難しい馬を任されているのもまた事実。

この馬を預託されるのだからまだまだ社台&ノーザンの期待は大きそう。楽しみです。

 

3頭目アヴェンチュラの2018(牡馬)

秋華賞アヴェンチュラキングカメハメハの配合。全姉でもキングカメハメハ産駒がおりますが、そちらはあまり振るわず。とはいえ、だからこそ狙いどころという観点もあります。

晩成型という見立てもあり、血統的に脚元の強さはイメージできませんが、預託先の木村哲厩舎はどちらかというと調教は厳しいイメージがある先生。もしかすると、バリバリ調教に耐えることが出来る健康体でしょうか。夢は広がる血統馬。楽しみです。

4頭目ホエールキャプチャの2018(牡馬)

3頭続けて大物候補をレビューしたので、4頭目と5頭目は応援枠です。

ヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャの3番仔。マイラーのイメージがありますが、母ホエールキャプチャオークスでも3着に入っていますし、距離的にはクラシックディスタンスに対応していました。父にキングカメハメハを迎え、大物感がある配合になりました。

ちなみに、母父クロフネということで、芝はもちろんのこと、将来はダートでも楽しみにしたい一頭だと思います。最初からダートを使うことは…たぶんないかな。

5頭目:ハブルバブルの2018(牡馬)

キングカメハメハ×母父ディープインパクトで探し、この馬に注目。母のファンだったので選びました。ディープブリランテの甥っ子でもある良血です。

ちなみに、この配合は他にも母イサベル、母アユサン、母クルミナル、母キャトルフィーユなどこの配合での良血がゴロゴロ。もうあからさまに大物を狙ってきていましたね。

この配合で活躍している代表馬だとランフォローゼスがいるように、これからの未来を担う配合だったのだろうなあ。これ以上はこの配合は増えないのがやっぱり残念です。