【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

キングカメハメハ後継種牡馬争いの裏でハーツクライの後継種牡馬の争いが始まっている件

キングカメハメハの後継種牡馬争い

先日、レイデオロキングカメハメハの後継種牡馬として有力だという話をしましたが、よくよく考えるまでもなく、キングカメハメハの後継種牡馬の争いは激化しています。今現役の後継種牡馬をざっと思いつくだけでも、

ロードカナロア

ルーラーシップ

ドゥラメンテ

レイデオロ

ラブリーデイ

ベルシャザール

ホッコータルマエ

リオンディーズ

と名前がスラスラ上がります。後継種牡馬一番手は金額的にはロードカナロアなのでしょうが、やはり距離的な限界も感じるところはあり、「キングカメハメハらしい」産駒を出せるかどうかは正直わからないと考えている生産者も多いでしょう。となると、レイデオロあたりが巻き返す可能性はまだまだあり、バチバチと鍔迫り合いをする近未来が想像できます。

ただ、ひっそりと始まっている大物種牡馬の後継争いもあります。ハーツクライです。

 

スワーヴリチャードが電撃引退⇒ハーツクライ後継として種牡馬入り

先日、18年大阪杯と19年ジャパンカップを勝利したスワーヴリチャードが引退しました。故障を起因とする急報だったのでビックリ。

hochi.news

スワーヴリチャードはクラシックシーズンでは主役にはなれませんでしたが、古馬になってから成長が見られたハーツクライ産駒らしい馬だっだので種牡馬としても非常に楽しみです。

ただ、くしくもと言いますか、同じくハーツクライ産駒でジャパンカップを制しているシュヴァルグランも先日引退しています。

そう、ハーツクライの後継種牡馬ジャスタウェイ一本足打法の状況でしたが、だんだんと役者がそそってきているのです。

具体的には、メインどころは以下のような感じかと。

ジャスタウェイ

ワンアンドオンリー

ヨシダ

スワーヴリチャード

シュヴァルグラン

距離的には中~長距離に適性がありそうな馬が多いですが、豪華な面々です。また、気が早いですが、先日の朝日杯を勝ったサリオスが3歳クラシックを勝つようなことがあれば、上記面々に加わりそう。

ハーツクライ自身は19歳でも元気いっぱい

とはいえ、ハーツクライは今年19歳になりますが、まだまだ元気一杯。だんだんと貴重になっているサンデー直仔の種牡馬として一番手として2020年の種付けシーズンをこなすことでしょう。

キングカメハメハが体調を崩している時にロードカナロアがアーモンドアイを輩出して後継種牡馬筆頭に躍り出たように、ハーツクライの後継種牡馬たちも今のうちにどれだけ存在感を示していけるか。

 

ジャスタウェイ産駒のフレーヴォに出資している私としてはジャスタウェイを一押ししておきます。

( *´艸`)