【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2022-2023シーズンで気になる馬⇒~Folkloreの2020~

DMMで気になる馬

今日はPOGの話です。

前々回、前回と一口クラブで気になる馬をピックアップして来ましたが、思えばバイヤー系で重要なクラブを忘れていました。DMMバヌーシーです。

ラブズオンリーユーがオークスを制するなど、クラシック路線には強いクラブです。

バイヤー系だけに、ノーザンファームの生産馬が当然注目ではあるのですが、血統なら本馬は見逃せないでしょう。Folkloreの2020です。

『Folkloreの2020』(牡馬)

父:Arrogate

母:Folklore

母父:Tiznow

厩舎:矢作 芳人

生産者:ファンタストクラブ

POGで気になるポイント

 

母Folkloreはブリーダーズカップジュヴェナイルフィリーズとメイトロンステークスという2つのGⅠを制した名牝ではありますが、我々にとっては「無敗の三冠馬コントレイルの祖母だ」といったほうがインパクトがあるかもしれません。

 

調べてみて初めて気が付くのは、母ロードクロサイトのUnbridled's Songと父ディープインパクトの配合の妙がコントレイルでは語られることが多いですが、FolkoreもStorm Cat系&仕上がりが早いというディープインパクトのニックス条件を満たす馬だったのですね。なんといっても、米2歳牝馬チャンピオンなのですから。

 

そんな母Folkloreにアメリカの至宝Arrogateを付けて生まれのが本馬になります。なんとも力強い配合馬になりました。

コントレイルと近親関係ということになりますが、サンデーサイレンスの血がなく、また、Arrogateブリーダーズカップカップ、ペガサスワールドカップドバイワールドカップで見せつけた強さを考えると、戦法が大分違ったものになりそうな予感はします。

コントレイルは中段で控えて直線でしっかり足を伸ばす優等生なタイプでしたが、本馬は先行してぐんぐん前に行き、力づくでねじ伏せるような先行競馬をしてきそう。ちょっと大味な番長タイプの競馬でしょうか。

ちょっと馬場が悪くなりがちな2歳冬の両GⅠや春のクラシック路線では有利に働きそうです。

 

ちなみに、Arrogateの産駒は日本では芝ではまだ勝ち星が無いのは少しPOGでは不安かも。とはいえ、産駒自体があまり日本では走っていないので、適性は参考外という考え方も。データ重視派の人には悩ましいところです。

 

とはいえ、ラブズオンリーユーが引退し、次の看板馬が欲しいDMMバヌーシーにとって矢作先生に預けられる本馬は間違いなく新たなスター候補のはず。変な使い方はされないでしょう。

 

ドラフト3位くらいでズバッと取って、ホームラン候補にしたいです。