【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

ダンカーク産駒への出資は「マイル以下のダート路線」への出資が無難?久しぶりに種牡馬談義

 ダンカークのポテンシャル

今年、ロードで1歳馬で出資を決めた『ダイヤモンドローズの2018』の父であるダンカーク。実はちゃんと産駒の傾向について調べてみたことがありませんでした。というより、視界の外にあった感じすらあります。全く見えていないノーマークでした。

2018年に107頭の種付けをしているように、それなりに前評判がよかった種牡馬で、かつ「芝・ダート兼用」の「マイル前後」というブログ主的にはストライクな適性を持つ種牡馬なのに、なぜだろう?うーん…なんとも、わかりません。

ただ、せっかく出資を決めたので、これも何かの縁。『ダイヤモンドローズの2018』の出資理由の裏付けにもなるのですが、個人的にダンカーク産駒について調べてみたので、書き残しておこうと思います。

 

産駒の仕上りは遅め

ダンカークは現役時代5戦2勝2着2回しか走らずに引退。その数少ない2勝のうち、新馬のデビューが勝ちが3歳1月であったように、特別仕上りの早い早熟型の馬ではありませんでした。ブログ主の血統の教科書である『パーフェクト種牡馬辞典』によれば、このダンカーク自身のアウトブリードが産駒にも伝わっているようで、産駒の使いながら強くなっていく傾向にあるそうです。

 

実際に調べてみたところ、確かに2018年は新馬勝ちがゼロでした。勝ち上がった2歳馬はみんな未勝利戦勝ちです。もっとも、2019年はすでに3頭新馬勝ちを上げているので、初年度は産駒の仕上げ方を育成側がまだつかんでいなかったという可能性もあるかもしれません。

ですが、少なくとも、「勝手に仕上がってくれる」タイプの産駒ではないのは間違いないでしょう。

 

実は、この要素は一口馬主的には結構マイナス。早期デビューがトレンドとなっていることは幾度となくこのブログで書いていますが、そんなトレンドとは真逆ですからね。

となると、ある種の早熟性を母方からプラスしたほうが安心材料に思えます。それが例えば、『ダイヤモンドローズの2018』でいうところのフジキセキの血であったり、ダイワメジャーなどの血のように私には思えます。意外と早熟性も兼ねそろえた母父ルーラーシップなんて、面白いかもしれませんね。

適性距離はマイルまで。芝よりもダート。

続いて適性距離です。本格的に産駒がデビューした2018年以降では、

2018年:芝7勝、ダート7勝

2019年:芝6勝、ダート19勝

という結果になっていました。芝のレースでの勝利は多くが2歳戦であげたもの。2歳で勝ちがった馬たちが3歳になってダートで順当に勝ち星を上澄みしています。特に春の3歳未勝利戦でのダートの勝ち星の積み重ね方は出色でした。

若いうちは芝もこなせるが、本質的にはダート馬ということでしょう。

適性距離は短め。芝については一部の馬を除いてマイルが頭打ちというのは理解できるとして、個人的にはダートは1,800メートルくらいまで適性が伸びるのかと思っていました。

が、産駒の実績を見ると特筆するものではない。多くの馬が1,600メートル以下のワンターンのダートコースを得意としています。

マイル以下のダート路線にいきそうで、数を使う先生に預託馬を狙う

血統と戦績を総合するに、マイル以下のダート路線に進みそうな馬を選ぶのが堅実性という意味ではまず間違っていなそうに思えます。

また、厩舎もある程度は選ばなくてはならなくなりそうですね。藤沢厩舎や藤原厩舎など数を使わない先生や、友道厩舎のように短距離路線へ使うことがない先生に預託される場合は、魅力的でも出資は踏みとどまるほうがストレスを感じることはないのかも。

今回、『ダイヤモンドローズの2018』は杉山先生預託ですが、浅見先生、安田翔先生、森田先生なんて相性がバッチリ合いそうに思えます。

おまけ:意外な父Unbridled's Song

それと、面白い情報が一つ。ダンカークの父Unbridled's Songが実は今旬なのです。

というのも、スワーヴリチャード、コントレイル、レッドベルジュールと今秋に連続して重賞勝ち馬の母父になったから。JC、東スポ杯、デイリー杯、とどれも名がある重賞なので話題になりました。

一部界隈では「母父Unbridled's Songはサンデー系と相性がいいのでは?」説が出ていました。これは今後、馬券的にもねらいどころかも。

父と母父のパターンをひっくり返したからうまくいくものでもありませんが、逆パターンの『ダイヤモンドローズの2018』の出資を決めたこのタイミングで、少し嬉しいニュースでした。

f:id:hot-river:20191216235647j:plain

ロードでは請求書がある種の出資証明の代わりです