【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンに入会、2021年にインゼルにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2022-2023シーズンで気になる馬⇒~ディオジェーヌの2020~

新年1発目はPOGのお話

年が明けました。

みなさま、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

新年の目標はありますか?私はありません。

あえてあげるとすれば、ここ数年実現できていない回収率100%超えくらいでしょうか。一口馬主でG1出走も改めて目標にしてみたい。

とは言いつつも、後者は他力本願なので目標といえないか。

 

さて、話をガラッと変えまして、今日は今シーズンのPOGの注目馬のお話です。1月~4月は一口馬主では暇な時期でもありますので、ポツポツとPOGで気になる馬をレビューしていきたいと思います。

新年一発目は、モーリス産駒のディオジューヌの2020です。

 

『ディオジェーヌの2020』(牡馬)

父: モーリス

母: ディオジェーヌ

母父:ディープインパクト

厩舎:斉藤崇史

生産者:ノーザンファーム

 

POGで気になるポイント

昨年、ピクシーナイトが3歳にしてスプリンターズステークスを勝ち、評価が高まっているモーリス産駒。産駒の適性はマイルと思っていたので、産駒の初G1がスプリンターズステークスという芝1,200メートル戦になったのは個人的には納得感がありました。

また、春のクラシックには間に合わななかったのに秋のGⅠを3歳にして制したのも如何にもモーリス産駒らしいですよね(笑)

 

そんなモーリス産駒の中で、近いうちに必ず大物を出すと思っている配合が「モーリス×母父ディープインパクト」です。初年度から沢山の配合馬がいつつ、勝ち上がり率は2割前後をウロウロと期待以上には振るっていませんが、一口馬主でもPOGでも狙う価値はあると思っています。

 

本馬もそんな「モーリス×母父ディープインパクト」の配合馬なのですが、祖母にランドフォードS(GⅡ)とブルーウィンドS(GⅢ)を制したフォーシンズがいる良血馬です。

母ディオジェーヌも中央競馬で3勝。重賞にこそ手が届きませんでしたが、産駒としても期待されており、良血馬らしく第3仔のリブースト(父ハービンジャー)は2勝あげるなどまずますのスタートを切っています。

 

配合にはサンデーサイレンスの3*4は改めて強調するまでもなく良いですし、ピクシーナイトやルーズネクストに共通するHaloとLyphardの血が持っているのが何より魅力的です。

Lyphardのクロスはどちらかといえば牝馬のほうが良いイメージですが、Roberto系の武骨なモーリスの血とバランスが良いのかもしれませんね。如何にもマイル前後でスパッと切れる活躍をしてくれそうな血統だと思います。

 

ただ、厩舎をあえて斉藤崇史に預けているところから見ると、マイル前後で終始させる可能性は低そう。むしろ、最低でも2,000メートルは持つような育成をしていく方針なのではないでしょうか。クロノジェネシスがそうであるように、じっくり育てる馬を任せれば安心の厩舎です。

 

もちろん、POGの期間でも悪いタイプではないはず。キャロットクラブの馬なので人気はするでしょうが、一番人気はないはず。中位人気で指名するには最適なタイプだと思います。