【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2021-2022シーズンで気になる馬⇒~カンビーナの2019~

そろそろ突き抜けそうなセレクトセールの馬

セレクトセールの高額落札馬に注目してPOGで指名!

 ⇒POG期間内では良績を出せず

  ⇒次の年は弟・妹を怒りの指名拒否

   ⇒弟・妹は大活躍で涙目

というのはPOGではあるあるエピソードだと思います。

だからこそ、指名馬で「あとちょっとで突き抜けた活躍できたのに…」という馬は狙い続けるのが吉。人気な一口クラブの場合、全弟や全妹は中々出資出来ないケースも多いのですが、POGならクジ運でなんとかなる強みもあります(笑)

この血統はそろそろ突き抜けると思うのですが…カンビーナの2019です。

 

『カンビーナの2019』(牡馬)

馬名: トーセンリョウ

父: ディープインパクト

母: カンビーナ

母父:Hawk Wing

厩舎:未定

生産者: 社台ファーム

POGで気になるポイント

本馬の母カンビーナは現役時代は米国で活躍。芝競走であるアメリカンオークス(GⅠ)が代表勝ち鞍で、その他にもプロヴィデンシアS(GⅡ)とラハブラS(GⅢ)も勝っており、1,300メートル~2,000メートルまで幅広い活躍を見せました。

引退後は社台ファームに購買されて来日。ディープインパクトが死ぬまでは常にディープインパクトが相手に選ばれてきたように、繫殖牝馬としての期待は相当なものがあります。

 

繁殖の実績としては7頭の産駒を産み、デビューした馬は5頭中3頭が勝ち上がり&複数勝利。代表産駒には阪神大賞典で2着に入ったトーセンカンビーナと京都新聞杯で3着に入ったファルコニアがいますね。母の名前を聞いて「あ、何か聞いたことある」と思った方は前者のトーセンカンビーナからピンと来ているのかも。

 

ちなみに、トーセンカンビーナはブログ主の記憶が正しければ、当時のPOG界隈では結構な評判馬で、実際に2歳の7月からデビューしてダービーまでに「非常に惜しい」活躍をしてくれました。500万下で勝ちあぐねた時は歯ぎしりしたPOGファンも多かったのでは。余談ですが、ブログ主はサークルのメンバーに指名されていたので、ホッとしたほうの人でした(笑)

そんなトーセンカンビーナの印象もあり、その後、POGの人気は下火気味になっています。

 

しかしながら、前述した「指名➡涙目」のパターンで言えば、狙いどころ。特に本馬は母の11歳の時の子ということもあり、そろそろ大物誕生の予感が漂っていると個人的には思います。

 

全般的に晩成型の傾向がある母の産駒ではありますので、POG本等でデビュー時期の情報はキャッチしていきたいですね。