【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

零細一口馬主のブログです。ロードサラブレッドオーナーズで2018年に一口馬主デビュー。2019年にユニオンにも入会しました。

スポンサーリンク

【POGのお話】2020-2021シーズンで気になる馬⇒ついに大物なるか?!~ブエナビスタの2018~

最強馬ブエナビスタ・待望の牡馬

競馬を始めた頃の最強馬はどの馬ですか?と聞かれた時、私が一番最初に名前を上げるのはブエナビスタです。桜花賞を勝った年からもう10年以上経つんですね。

獲ったGⅠの数は実に6つ。強い牝馬の時代を切り開いたまさに名牝。それだけに繁殖に対する期待も大きく、引退後はデビューした馬を含めて6頭の馬を世に送り出しています。ただ、そのうち4頭が牝馬。牡馬は2頭だけ。そして、前年生まれている『ブエナビスタの2017』はデビューを出来ていませんから本馬は待望の牡馬といっても良いと思います。

 

ブエナビスタの2018』(牡馬)

馬名:未定

父:モーリス

母:ブエナビスタ

母父:スペシャルウィーク

厩舎:堀宣行

生産者:ノーザンファーム

POGで気になるポイント

ブエナビスタの実績については前述してしまっていますので、繰り返し書くことは割愛。

となると、違いを書くなら父親でしょう。ブエナビスタは引退以降一貫してキングカメハメハを付けていましたが、今回は初めて違う父親をパートナーに選んでいます。お相手はモーリスです。

ブエナビスタの父親はサンデーサイレンス種牡馬であるスペシャルウィーク。当然、サンデーサイレンスが強い種牡馬は選べません。かといって、ブエナビスタは輸入種牡馬の初年度につけるような馬ではない。

選択肢が少ない中、サンデーサイレンスの4*3を作ることが出来る大物種牡馬を待っていて、ようやく表れた相応しい大物がモーリスだったのでしょうね。

さすがに名血であるだけにネット上でも情報がチラホラありますが、かなり評判は良いようです。既に馬体重は500キロに迫りつつあり、Roberto系の牡馬らしい雄大な馬体をしているとのこと。モーリスとブエナビスタ、良馬とも大きな故障もありませんでしたし、早期デビューも見込めそうです。

当然、芝から下ろし、狙うのは芝のクラシック。府中で両親から受け継いだ切れ味を発揮しそうです。サンデーレーシングの出資者の方も当然それを期待しているはず。一口250万か。いやー、リアル馬主業と兼ねている方が多いクラブなだけあります。

ただ、過去にもブログでも書いていますが、モーリスとエピファネイアという強力な2頭をもってしても、Roberto系の復権を予言できないのが現代の日本競馬事情。あのシンボリクリスエスでさえ、産駒は上級条件では切れ味で負けるダート馬が多かったですからね。

絶対にPOGで人気するでしょうし、ドラ1じゃないとダメでしょうから…悩むところです。